取り組みの最近のブログ記事

10月29日(土)に、日進市岩崎町竹ノ山の社会福祉施設「中日青葉学園」で、青葉まつりが行われました。最近はコロナ禍などで大幅に規模を縮小しており、外部の方を招いて「青葉まつり」の開催は、4年ぶり24回目です。

2022-11-25.jpg

開会式では、河津市三理事長が「青葉学園は、地域の人たちと一緒に子どもを育てることをモットーに取り組んでいます」とあいさつ。寺井陽一学園長は「まつりの見直しをし、地域の人たちとコラボして企画を実施しています。楽しんでください」とあいさつしました。式には、近藤裕貴日進市長も出席していただきました。あいさつに続いて、和太鼓部「鼓打舞」の子どもたちが「楽」という曲を披露しました。

グラウンドには、五平餅、たこやき、ラーメン、豚汁などの飲食関係15のテントが並び、体育館では、フェイスペイント、射的、お菓子すくい、Eスポーツなど6つのイベントが行われました。出店は、名古屋外国語大学、愛知淑徳高校、名古屋文化専門学校などの学生や、名東区更生保護女性会、日進市の子ども食堂関係者など約150人のボランティアの方々が、出店・企画コーナーを担当、運営の支援をしていただきました。

また、舞台では、元中日ドラゴンズ投手の川上憲伸さん(47)やK1チャンピオンの格闘家・大和哲也さん(34)や救急医の福田徹さん(40)、医療品販売会社社長の岡部芳幸さん(44)の4人によるトークショーがありました。テーマは「子どものころの夢」で、それぞれの経験談を語っていただきました。

川上憲伸さんは「小さなころは、仮面ライダーになりたいと思っていました。人はそれぞれに個性があります。自分の特長は何か、生かすにはどうしたらよいかを考えてください」とアドバイス。

大和哲也さんは「子どものころからスポーツが好きでしたが芽は出ませんでしたが、格闘技と出合い、得意技の左フックで、9本のベルトを持つことができるようになりました。夢は変わっていくと思いますが、あきらめなかったことが、今につながったと思います」とチャンピオンベルトを示しながら話されました。

福田さんは「子どもの未来を築き、みんな幸せに生きることができることを願って仕事もしてきました。幸せになるために、それぞれの子どもが必要な力を知り身に付てほしいです」と話されました。

岡部さんは「自分で信じたことを、できると思って取り組んでほしい」と話されました。

この日は、卒園生や保護者ら計200人が来園。子どもたちや職員と歓談していました。

児童実行委員長の竹本衣央璃さん(15)=高校1年=は「とても楽しいおまつりでした」と喜んでいました。


つつじの会 ご報告

令和4年4月29日、2年ぶりとなる「つつじの会」が開催されました。

残念ながら対面ではなく、実行委員のみが学園内で、一般参加の方はZOOMとなりました。

新会長の近藤日出夫さんや学園長の挨拶からはじまり、動画での施設見学、質問会などを通して、卒園生や職員、元分校の先生などが旧交を温めました。

最後には、懐かしの学園歌が流れ、近藤会長からの「来年こそ、みんなで集まりましょう!」のコメントでお開きに。

来年は、学園でお待ちしています!

20220429-1.jpg
20220429-2.jpg20220429-3.jpg
20220429-4.jpg20220429-5.jpg



中日青葉学園のサテライト「三つ葉」の完成式を12月24日に執り行いました。
翌25日には、地元の方々を中心に、施設を見学していただくお披露目会を開催。
多くの方に足を運んでいただきました。

式には約60人の方々が出席。河津市三理事長の主催者のあいさつに続き、愛知県福祉局子ども家庭推進監の川合光久さま、日進市長の近藤裕貴さま、中日新聞常務取締役名古屋本社代表の真能秀久さまからお祝いのお言葉をいただきました。児童を代表して、石橋龍菜さん(日進中学校1年)が、「自分の部屋に何を置こうか、わくわくします。料理もしてみたい。私の好きなシイタケの天ぷらをあげてみたいです」とお礼の言葉を延べました。続いて、テープカットをして、記念写真を撮影し、建物の中を見ていただきました。

翌25日は、地元にお住まいの方々や、県内各地の施設の方、県、市などの関係者に、お披露目し、これから子どもの支援をするにあたり、ご支援をお願いしました。

20211225-1.jpg20211225-2.jpg
挨拶をする中日新聞社会事業団の河津市三理事長/児童を代表してお礼の言葉を述べる石橋龍菜さん
20211225-3.jpg20211225-4.jpg
テープカット/来賓の皆さまと記念撮影


◆  ◆  ◆

「三つ葉」は、小学生が通う北小学校の向かいに位置し、1,422平方メートル の敷地に、居住棟2棟と管理棟1棟が建っています。「三つ葉」の名は、青葉学園のあおば館、わかば館に次ぐ、3つ目の葉にちなんで名付けました。

居住棟は、女の子が暮らす「さくらの家」と男の子が暮らす「ポプラの家」で、定員は各6人です。1月から女の子が生活をはじめ、4月から男子のが生活を始めます。延べ床面積は、180.5平方メートルで、1階にリビング、対面式キッチン、風呂場、スタッフルームがあり、2階に子ども6人分の個室と職員の宿直用の部屋があります。女子、男子両棟とも、職員1人ずつ職員が住み込むほか、複数の職員で支援にあたります。

20211225-5.jpg
女子児童が生活する「さくらの家」(左)と男子児童が生活する「ポプラの家」

20211225-6.jpg
里親フォスタリングセンターや地域の方々との交流の場となる「管理棟」

■竣工式の記事が、12月25日付中日新聞県内総合版に掲載されました。

11月10日に、城大学心理学非常勤講師の鷲津秀樹さまから、「子育て心理学・こころの育て方」についてお話をおうかがいしました。UFJ銀行さまの社会貢献事業の熱気球づくり体験を前に、「こころの育て方」について心理学的な視点からのお話を聞く機会をつくっていただきした。

20211110.jpg

◆ ◆ ◆

幼少期のこころのダメージは"自分が大事にされない"ことから生まれる。暴力はもちろん大きな傷つき体験となるが、それを知りながら身近な人から守ってもらえないことや、きょうだいの中で自分だけが暴力を受けている区別される環境では、こころのダメージがさらに大きくなる。"どうして私は愛されなかったのか?"このように悩まれるかもしれない。

心理療法のアプローチは、「何がいけないか?」と問題の原因を掘り下げ、因果関係からアプローチする視点と、問題に潜む悪循環を見つけだし、それが変化できるように支援する、システムアプローチの視点がある。研修では、後者の視点を中心に、具体例を織り交ぜながらお話しいただいた。"どうして私は愛されなかったのか?"両親からほんの少ししか愛情をもらえなかった、と訴える方と、対話を重ね、両親がくれたものは他と比べると少なかった。けれど持っていたものの半分以上をくれていた。両親のキャパシティが小さかった、と過去をとらえなおすことができた時に変化がおきる。過去の出来事は変わらないが、過去の意味づけが変化した。

◆ ◆ ◆

2時間という短い時間の中で、精神分析的な心の深い部分の視点から、目に見える行動に焦点を当てる応用行動分析でのアプローチまで、幅広くお話しいただきました。講演内容を実践に生かすよう努めます
中日青葉学園のサテライト施設の地鎮祭が3日、日進市岩崎町小林の現地で執り行われました。

地鎮祭には、中日新聞社会事業団の河津市三理事長、垣尾良平常務理事、中日青葉学園の妹尾浩和学園長、寺井陽一副学園長と、創美設計の武田裕規社長、春田建設の春田社長らが参列。名古屋市の針名神社の神主さんの祝詞に続いて、河津理事長らが鎌入れなどをして建設工事の安全を祈願しました。

1400m2の敷地に、住居棟を2棟と管理棟を建設する計画で、令和3年末までには工事が完成予定です。
サテライト施設は、大規模な施設での集団的養育から小規模化をはかり、地域の中で子育てをすることを目指しています。住居棟では、一戸建ての住宅で男子児童と女子児童各6人が生活し、家庭に近い環境で子どもたちを育てる計画です。

地域の皆さまと交流を重ねながら、子育て支援をしたいと考えています。
よろしくお願いいたします。

20210604.jpg

中日青葉学園は、愛知県から、2021(令和3)年度の里親啓発等のフォスタリング事業を受託しました。
本年度の重点地域は、春日井市と豊明市です。
新型ロナウイルス感染拡大防止に向けた緊急事態宣言が解除された場合には、下記2か所で里親体験発表会を開催いたします。
里親豊明ポスター.jpg 里親春日井ポスター.jpg

6月26日(土)午前10時-正午豊明市総合福祉会館
6月27日(日)午前10時-正午春日井市総合福祉センター
関心のある方は、フォスタリングセンター 阿尾までご連絡ください。
TEL:0561(72)0134

コロナウィルス対策 光触媒でコーティング

コロナウイルス対策として、光触媒によるコーティング作業をしていただきました。

光触媒は、参加チタンを含む微粒子を噴霧し、太陽光や蛍光灯などの光があたると、コロナウイルスをはじめとするウイルスや細菌が不活化(消滅)するというもので、これまでも細菌などの効果が分かっていましたが、最近、コロナウイルスにも効果があることが証明されました。

環境整備を業務とする中日サービスさまのご厚意で、神戸市の会社から専門家に来ていただき、玄関ドアの取っ手や、ホームの食卓、いす、おもちゃなどにコーティングをしていただきました。
1度噴霧すると、効果は5年間ほど続くそうです。

コーティングしていただいたのは、接触頻度が高い部分に限られるので、これからもアルコール消毒や換気などをこまめに行って、コロナ対策に徹底して取り組みたいと思います。
ありがとうございました。

202011282.jpg
202011283.jpg202011284.jpg

養育里親体験発表会のお知らせ

中日青葉学園は、愛知県からの事業委託を受け、日進市と長久手市を重点地域に、里親の啓発事業に取り組んでいます。
毎月、日進、長久手両市で、養育里親体験発表会を開催しています。
ご関心がおありの方、ぜひおいでください。事前にご連絡をお願いいたします

TEL:0561-72-0134
今後開催予定の体験発表会の予定は、下記の通りです。

11月21日(土) 午前9時30分-11時30分 日進市岩崎台香具山福祉会館
(日進市香具山4丁目201-14)
 
11月23日(月・祝) 午後1時30分-午後3時30分 長久手福祉の家 集会室
(長久手市前熊下田171)
 
12月6日(日) 午前9時30分-11時30分 日進市東小学校 体育館
(日進市米野木町北畑8-3)
中止になりました
12月13日(日) 午後1時30分-午後3時30分 長久手福祉の家 集会室
(長久手市前熊下田171)
中止になりました

 

20201117.jpg


長久手市で、養育里親体験発表会 を開催

20(R2)1024里親体験談.jpgのサムネール画像
10月24日午前に、長久手市の愛・地球博記念公園・地球市民交流センターで、養育里親体験発表会を開催しました。
中日青葉学園が、県から里親啓発(フォスタリング)事業の委託を受けての初めて企画した体験発表会です。
里親に関心を持っていただいた五家族をはじめ、約20人が参加されました。

冒頭、学園の阿尾匡晃サテライト担当課長が、養育里親の制度について説明。
続いて、2人の養育里親さんが、自らの体験を話されました。

日進市内の里親さんのお話です。

2人の長男次男が、自宅を巣立つのを機に、里親として子どもを育てることを思い立ちました。児相から紹介された小1の男の子は、乳児院から児童養護施設で育ち、家庭生活の経験がなく、非常に戸惑った様子の日々が続きました。しばらく体験生活をしていると、おねしょが始まり、しくしく泣くことが多くなりました。「この家が嫌なのかな」と悩みました。しかし、里親に決まったことを伝えると、以後、おねしょも止まり、笑顔が戻りました。確認すると、「施設に戻されるのではないかと心配していた」とのことでした。

また、小2の男の子の時の話です。友達が数人遊びに来た時、子どもの苗字と違うことに気づき「おじさんは、なぜ金子なの」と私に尋ねたのに続いて、子どもに「お前は、もしかして捨てられた子どもなのか」と言い放ったのです。すると、子どもは落ち着いて、施設で育ったことや里親に育てられていることを、自分の言葉で説明しました。小学2年生なりに、自分の生い立ちを整理していることに関心しました。

その後2人の女の子を預かり、今は4人の里子をそだてています。
家はいつも賑やかで子どもに囲まれた幸せな生です。

夫婦はもともと他人。奥さんにとっては、いうことを聞かない旦那を"育てる"よりも、子どもを育てる方が、ずっと楽しく、夢と希望があります。



次の体験発表会は10月31日(土)午後6時から、日進市蟹甲町中島、日進市中央福祉センターで開催します。
関心のある方は、ぜひ、お越しください。
事前に、予約をお願いいたします。
※中日青葉学園 TEL:0561-72-0134
20201017-1.jpg

中日青葉学園は、10月1日から、里親を増やすための事業(フォスタリング事業)に取り組みます。期間は来年3月まで。事業企画のプロポーザルで、県から選ばれました。

これまで、里親の啓発や研修、マッチングは、県が行っていましたが、今回初めて民間に一部が委託されました。
事業対象は、啓発と研修の一部です。

・重点エリアは、日進市と長久手市。
・大型ショッピングモールや両市内の店・公民館などで、里親啓発にあたるほか、
  毎月1回、両市の会場で里親体験発表会を開催します。
・近く、公式ホームページを立ち上げ、SNSで情報共有できるようにします。

20201017-2.jpg
里親啓発で配るティッシュ

20201017-3.jpg