10月29日(土)に、日進市岩崎町竹ノ山の社会福祉施設「中日青葉学園」で、青葉まつりが行われました。最近はコロナ禍などで大幅に規模を縮小しており、外部の方を招いて「青葉まつり」の開催は、4年ぶり24回目です。

2022-11-25.jpg

開会式では、河津市三理事長が「青葉学園は、地域の人たちと一緒に子どもを育てることをモットーに取り組んでいます」とあいさつ。寺井陽一学園長は「まつりの見直しをし、地域の人たちとコラボして企画を実施しています。楽しんでください」とあいさつしました。式には、近藤裕貴日進市長も出席していただきました。あいさつに続いて、和太鼓部「鼓打舞」の子どもたちが「楽」という曲を披露しました。

グラウンドには、五平餅、たこやき、ラーメン、豚汁などの飲食関係15のテントが並び、体育館では、フェイスペイント、射的、お菓子すくい、Eスポーツなど6つのイベントが行われました。出店は、名古屋外国語大学、愛知淑徳高校、名古屋文化専門学校などの学生や、名東区更生保護女性会、日進市の子ども食堂関係者など約150人のボランティアの方々が、出店・企画コーナーを担当、運営の支援をしていただきました。

また、舞台では、元中日ドラゴンズ投手の川上憲伸さん(47)やK1チャンピオンの格闘家・大和哲也さん(34)や救急医の福田徹さん(40)、医療品販売会社社長の岡部芳幸さん(44)の4人によるトークショーがありました。テーマは「子どものころの夢」で、それぞれの経験談を語っていただきました。

川上憲伸さんは「小さなころは、仮面ライダーになりたいと思っていました。人はそれぞれに個性があります。自分の特長は何か、生かすにはどうしたらよいかを考えてください」とアドバイス。

大和哲也さんは「子どものころからスポーツが好きでしたが芽は出ませんでしたが、格闘技と出合い、得意技の左フックで、9本のベルトを持つことができるようになりました。夢は変わっていくと思いますが、あきらめなかったことが、今につながったと思います」とチャンピオンベルトを示しながら話されました。

福田さんは「子どもの未来を築き、みんな幸せに生きることができることを願って仕事もしてきました。幸せになるために、それぞれの子どもが必要な力を知り身に付てほしいです」と話されました。

岡部さんは「自分で信じたことを、できると思って取り組んでほしい」と話されました。

この日は、卒園生や保護者ら計200人が来園。子どもたちや職員と歓談していました。

児童実行委員長の竹本衣央璃さん(15)=高校1年=は「とても楽しいおまつりでした」と喜んでいました。


青葉まつりのお知らせ

 令和4年度青葉まつりを10月29日に開催をします。しかし新型コロナウイルス感染拡大の心配もあり、規模を縮小しての開催となります。
・地域は近隣(グリーンハイツ地区、小林地区)のかたとさせて頂きます。
 下記のPDFが申し込み書のチラシとなっていますので印刷をして頂き、事前記入の上、来園してください。

お問い合わせ等ありましたら、中日青葉学園までご連絡下さい。また、ボランティア募集はしておりますの、お手伝い等ご協力お願い致します。
担当者:阿尾 匡晃
IMG_1853HP.jpg

6月12日に、日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院(八事日赤)の救急専門医の福田徹医師が来園。「救急医になって知った、幸せに生きるコツ」をテーマにお話しをいただきました。

 福田医師が勤める救急外来では、1年間に約1万台近い救急車を受け入れて、患者さんの治療にあたっています。最初は「優秀な医師になること」を目標に、夜寝る前にどんな治療をしたかなどをメモしていたそうです。毎日続けるうちに、「自分にとってうれしいのは、治療だけでなく、人に喜んでもらえることだ」と気づき、毎日続けることで、自分にとって本当に大切なことが分かってきたそうです。

 そこで、幸せに生きるこつとして「目標地(目標)」と「現在地」と「道のり」を知ることだと、お話しされました。「どのようになると自分は幸せか」という「目標」を決め、今の自分はどのあたりにいるのかという「現在地」を把握し、「ありたい姿になるためにはどのようにすればよいのか」という「道のり」を考えてほしいと話されました。さらに「どれだけ多くのことをしたのではなく、それをするためにどれだけ愛をこめたのかが大切」と強調されました。
20220612-1.jpg

 また、同病院小児科の鷲見英里子医師も、なぜ医師になろうと思ったのかや、勤めているNICU(新生児集中治療室)についてお話いただきました。

この日は、小学1年生から6年生まで20人の子どもが参加し、熱心に耳を傾けていました。話の中では、ドクターヘリの動画も披露され、子どもたちは「ヘリの中はどうなっているの?」「痛くない手術はできる?」などの質問が寄せられました。

20220612-3.jpg

講演会の記事が、6月15日付中日新聞朝刊なごや東版、市民版に掲載されました。

つつじの会 ご報告

令和4年4月29日、2年ぶりとなる「つつじの会」が開催されました。

残念ながら対面ではなく、実行委員のみが学園内で、一般参加の方はZOOMとなりました。

新会長の近藤日出夫さんや学園長の挨拶からはじまり、動画での施設見学、質問会などを通して、卒園生や職員、元分校の先生などが旧交を温めました。

最後には、懐かしの学園歌が流れ、近藤会長からの「来年こそ、みんなで集まりましょう!」のコメントでお開きに。

来年は、学園でお待ちしています!

20220429-1.jpg
20220429-2.jpg20220429-3.jpg
20220429-4.jpg20220429-5.jpg



卒園生・退職職員・分校職員のみなさま

以前よりお知らせしていました4月29日開催の「つつじの会」につきまして、開催方法の変更をご案内します。

学園内で、新型コロナウイルス感染者が発生してしまいましたので、開催方法をZOOMのみとさせていただきます。

11時からの開催となりますので、ご参加いただける方は、以下のメールアドレスまでご連絡を下さい。

件名は「つつじの会」、本文内にお名前を記載下さい。 ZOOMのURLなどを返信します。

ご参加お待ちしています!



藤田医科大学・病院さまが、フードロス削減の取り組みで、職員の皆さまなどの家庭で使われない食品を持ち寄っていただき、ご寄付をいただきました。

藤田医科大学・病院(豊明市)をはじめ、ばんたね病院(名古屋市)、岡崎医療センター(岡崎市)、七栗記念病院(津市)など関連病院の職員の皆さま6,300人から寄せられた善意です。

レトルト食品、缶詰、インスタントラーメン、ジュースなどその量は段ボール36箱分で、お米3袋(10kg)にもなりました。
お菓子などは子どもたちで分け、缶詰やレトルト食品などは調理さんにお願いして、食事として使わせていただきます。

ありがとうございました。

20211229-1.jpg

★中日新聞12月29日付けなごや東版に記事が掲載されました。
20211229-2.jpg

中川区倫理法人会の皆さまから、お菓子の寄贈をいただきました。
ピーターパンに扮したマジシャンもいらっしゃり、サプライズの技を見て、子どもたちは大喜びでした。
ありがとうございました。

20211228-1.jpg20211228-2.jpg

フットサル大会 中高生の部で優勝

11月26日、県児童福祉施設長会主催のフットサル大会が名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで開催され、青葉学園は中高生の部で優勝しました。令和元年度に続く優勝です。
初戦に敗れ敗者復活戦に回りましたが、勝ち残り、2回のPK戦でしぶとく勝ち残り、決勝戦の岡崎平和戦に。
延長戦にもつれ込みましたが、パス回しも冴え、3-1で勝利しました。
2回戦青葉学園1-2光輝寮
敗者復活戦青葉学園0-0大和荘PK戦 サドンデス3-2で勝利
準決勝青葉学園0-0光輝寮PK戦 サドンデス3-2で勝利
決勝青葉学園3-1岡崎平和学園延長 
MVPには通算3得点をあげた石橋恋君が選ばれました。
小学生中高生女子の部は、初戦で知多学園に敗れ、敗者復活もかないませんでした。

20211226-1.jpg20211226-2.jpg
ゴールを死守した主将のゴールキーパー梶浦隼斗君/勝利をつかんだPK戦
20211226-3.jpg20211226-4.jpg
決勝戦でのゴール/勝利の喜び
20211226-5.jpg20211226-6.jpg
MVPに輝いた石橋恋君のシュート/優勝旗、カップを手に記念写真
中日青葉学園のサテライト「三つ葉」の完成式を12月24日に執り行いました。
翌25日には、地元の方々を中心に、施設を見学していただくお披露目会を開催。
多くの方に足を運んでいただきました。

式には約60人の方々が出席。河津市三理事長の主催者のあいさつに続き、愛知県福祉局子ども家庭推進監の川合光久さま、日進市長の近藤裕貴さま、中日新聞常務取締役名古屋本社代表の真能秀久さまからお祝いのお言葉をいただきました。児童を代表して、石橋龍菜さん(日進中学校1年)が、「自分の部屋に何を置こうか、わくわくします。料理もしてみたい。私の好きなシイタケの天ぷらをあげてみたいです」とお礼の言葉を延べました。続いて、テープカットをして、記念写真を撮影し、建物の中を見ていただきました。

翌25日は、地元にお住まいの方々や、県内各地の施設の方、県、市などの関係者に、お披露目し、これから子どもの支援をするにあたり、ご支援をお願いしました。

20211225-1.jpg20211225-2.jpg
挨拶をする中日新聞社会事業団の河津市三理事長/児童を代表してお礼の言葉を述べる石橋龍菜さん
20211225-3.jpg20211225-4.jpg
テープカット/来賓の皆さまと記念撮影


◆  ◆  ◆

「三つ葉」は、小学生が通う北小学校の向かいに位置し、1,422平方メートル の敷地に、居住棟2棟と管理棟1棟が建っています。「三つ葉」の名は、青葉学園のあおば館、わかば館に次ぐ、3つ目の葉にちなんで名付けました。

居住棟は、女の子が暮らす「さくらの家」と男の子が暮らす「ポプラの家」で、定員は各6人です。1月から女の子が生活をはじめ、4月から男子のが生活を始めます。延べ床面積は、180.5平方メートルで、1階にリビング、対面式キッチン、風呂場、スタッフルームがあり、2階に子ども6人分の個室と職員の宿直用の部屋があります。女子、男子両棟とも、職員1人ずつ職員が住み込むほか、複数の職員で支援にあたります。

20211225-5.jpg
女子児童が生活する「さくらの家」(左)と男子児童が生活する「ポプラの家」

20211225-6.jpg
里親フォスタリングセンターや地域の方々との交流の場となる「管理棟」

■竣工式の記事が、12月25日付中日新聞県内総合版に掲載されました。

楽しいクリスマス会 ホームで出し物も

12月23日に、あおば館、わかば館合同で、クリスマス会を開催しました。
昨年は、コロナ対策で、ホームごとに分かれて行いましたが、感染が落ち着いていることから、食事など席を移動しないことを条件に多目的ホールで一緒に行いました。
サンタに扮したり、着ぐるみを身にまとってダンスを披露したり、器楽演奏を披露。盛んな拍手をあびていました。
クリスマス合わせて、多くの方々らお菓子やケーキなどの寄贈をいただきました。ありがとうございます。
岩瀬清さま、Touch Meさま、山本工務店さま、ブレッド岩崎台さま、春田建設さま

IMG_5816.JPGIMG_5834.JPGIMG_5861.JPGIMG_5862.JPG

ウェブページ