行事の最近のブログ記事

10月29日(土)に、日進市岩崎町竹ノ山の社会福祉施設「中日青葉学園」で、青葉まつりが行われました。最近はコロナ禍などで大幅に規模を縮小しており、外部の方を招いて「青葉まつり」の開催は、4年ぶり24回目です。

2022-11-25.jpg

開会式では、河津市三理事長が「青葉学園は、地域の人たちと一緒に子どもを育てることをモットーに取り組んでいます」とあいさつ。寺井陽一学園長は「まつりの見直しをし、地域の人たちとコラボして企画を実施しています。楽しんでください」とあいさつしました。式には、近藤裕貴日進市長も出席していただきました。あいさつに続いて、和太鼓部「鼓打舞」の子どもたちが「楽」という曲を披露しました。

グラウンドには、五平餅、たこやき、ラーメン、豚汁などの飲食関係15のテントが並び、体育館では、フェイスペイント、射的、お菓子すくい、Eスポーツなど6つのイベントが行われました。出店は、名古屋外国語大学、愛知淑徳高校、名古屋文化専門学校などの学生や、名東区更生保護女性会、日進市の子ども食堂関係者など約150人のボランティアの方々が、出店・企画コーナーを担当、運営の支援をしていただきました。

また、舞台では、元中日ドラゴンズ投手の川上憲伸さん(47)やK1チャンピオンの格闘家・大和哲也さん(34)や救急医の福田徹さん(40)、医療品販売会社社長の岡部芳幸さん(44)の4人によるトークショーがありました。テーマは「子どものころの夢」で、それぞれの経験談を語っていただきました。

川上憲伸さんは「小さなころは、仮面ライダーになりたいと思っていました。人はそれぞれに個性があります。自分の特長は何か、生かすにはどうしたらよいかを考えてください」とアドバイス。

大和哲也さんは「子どものころからスポーツが好きでしたが芽は出ませんでしたが、格闘技と出合い、得意技の左フックで、9本のベルトを持つことができるようになりました。夢は変わっていくと思いますが、あきらめなかったことが、今につながったと思います」とチャンピオンベルトを示しながら話されました。

福田さんは「子どもの未来を築き、みんな幸せに生きることができることを願って仕事もしてきました。幸せになるために、それぞれの子どもが必要な力を知り身に付てほしいです」と話されました。

岡部さんは「自分で信じたことを、できると思って取り組んでほしい」と話されました。

この日は、卒園生や保護者ら計200人が来園。子どもたちや職員と歓談していました。

児童実行委員長の竹本衣央璃さん(15)=高校1年=は「とても楽しいおまつりでした」と喜んでいました。


6月12日に、日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院(八事日赤)の救急専門医の福田徹医師が来園。「救急医になって知った、幸せに生きるコツ」をテーマにお話しをいただきました。

 福田医師が勤める救急外来では、1年間に約1万台近い救急車を受け入れて、患者さんの治療にあたっています。最初は「優秀な医師になること」を目標に、夜寝る前にどんな治療をしたかなどをメモしていたそうです。毎日続けるうちに、「自分にとってうれしいのは、治療だけでなく、人に喜んでもらえることだ」と気づき、毎日続けることで、自分にとって本当に大切なことが分かってきたそうです。

 そこで、幸せに生きるこつとして「目標地(目標)」と「現在地」と「道のり」を知ることだと、お話しされました。「どのようになると自分は幸せか」という「目標」を決め、今の自分はどのあたりにいるのかという「現在地」を把握し、「ありたい姿になるためにはどのようにすればよいのか」という「道のり」を考えてほしいと話されました。さらに「どれだけ多くのことをしたのではなく、それをするためにどれだけ愛をこめたのかが大切」と強調されました。
20220612-1.jpg

 また、同病院小児科の鷲見英里子医師も、なぜ医師になろうと思ったのかや、勤めているNICU(新生児集中治療室)についてお話いただきました。

この日は、小学1年生から6年生まで20人の子どもが参加し、熱心に耳を傾けていました。話の中では、ドクターヘリの動画も披露され、子どもたちは「ヘリの中はどうなっているの?」「痛くない手術はできる?」などの質問が寄せられました。

20220612-3.jpg

講演会の記事が、6月15日付中日新聞朝刊なごや東版、市民版に掲載されました。

つつじの会 ご報告

令和4年4月29日、2年ぶりとなる「つつじの会」が開催されました。

残念ながら対面ではなく、実行委員のみが学園内で、一般参加の方はZOOMとなりました。

新会長の近藤日出夫さんや学園長の挨拶からはじまり、動画での施設見学、質問会などを通して、卒園生や職員、元分校の先生などが旧交を温めました。

最後には、懐かしの学園歌が流れ、近藤会長からの「来年こそ、みんなで集まりましょう!」のコメントでお開きに。

来年は、学園でお待ちしています!

20220429-1.jpg
20220429-2.jpg20220429-3.jpg
20220429-4.jpg20220429-5.jpg



フットサル大会 中高生の部で優勝

11月26日、県児童福祉施設長会主催のフットサル大会が名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで開催され、青葉学園は中高生の部で優勝しました。令和元年度に続く優勝です。
初戦に敗れ敗者復活戦に回りましたが、勝ち残り、2回のPK戦でしぶとく勝ち残り、決勝戦の岡崎平和戦に。
延長戦にもつれ込みましたが、パス回しも冴え、3-1で勝利しました。
2回戦青葉学園1-2光輝寮
敗者復活戦青葉学園0-0大和荘PK戦 サドンデス3-2で勝利
準決勝青葉学園0-0光輝寮PK戦 サドンデス3-2で勝利
決勝青葉学園3-1岡崎平和学園延長 
MVPには通算3得点をあげた石橋恋君が選ばれました。
小学生中高生女子の部は、初戦で知多学園に敗れ、敗者復活もかないませんでした。

20211226-1.jpg20211226-2.jpg
ゴールを死守した主将のゴールキーパー梶浦隼斗君/勝利をつかんだPK戦
20211226-3.jpg20211226-4.jpg
決勝戦でのゴール/勝利の喜び
20211226-5.jpg20211226-6.jpg
MVPに輝いた石橋恋君のシュート/優勝旗、カップを手に記念写真

楽しいクリスマス会 ホームで出し物も

12月23日に、あおば館、わかば館合同で、クリスマス会を開催しました。
昨年は、コロナ対策で、ホームごとに分かれて行いましたが、感染が落ち着いていることから、食事など席を移動しないことを条件に多目的ホールで一緒に行いました。
サンタに扮したり、着ぐるみを身にまとってダンスを披露したり、器楽演奏を披露。盛んな拍手をあびていました。
クリスマス合わせて、多くの方々らお菓子やケーキなどの寄贈をいただきました。ありがとうございます。
岩瀬清さま、Touch Meさま、山本工務店さま、ブレッド岩崎台さま、春田建設さま

IMG_5816.JPGIMG_5834.JPGIMG_5861.JPGIMG_5862.JPG

施設長会ソフトボール大会

11月3日に、幸田町とぼね運動場で、施設長会ソフトボール大会が開かれました。
昨年はコロナ対策で中止になり、交流試合でしたが、今年は、感染状況が落ち着いた11月の開催となりました。

ソフトボール1部には、7施設6チームが参加。青葉学園は、あおば館とわかば館の合同チームで参加し、初戦に豊橋平安寮と対戦し、2-4で敗れました。親善試合では大和荘と戦い1-5で敗れました。

子どもたちは、試合をする経験が限られる中、ゲームをする楽しみを実感し、走者がいる時に、ボールを捕ったらどの塁に投げたらいいのかなど戸惑いながらも、楽しい一日を過ごしました。

ソフト整列1.jpgソフト2.JPG

9月21日に施設長会主催の「ソフトボール交流会」がありました。

当初は8月に大会を開催予定でしたが、コロナ感染防止対策のために中止となりました。
試合を楽しみしていた子どもたちのために、何とかゲームをさせてあげたいと、施設職員でつくる野球チーム「愛知ドリームス」のメンバーが奔走。コロナ対策をとりながらの試合を企画しました。

参加は、8施設9チームで、午前と午後の部に分けて、各チーム2試合ずつ対戦しました。
順位はつけず、表彰などもなくし、応援も自粛してもらいましたが、子どもたちは気合を入れてバットを振り、懸命にボールを追っていました。

青葉学園は、あおば館とわかば館の合同チームで参加。1勝1敗でした。

交流会の様子は9月22日付けの中日新聞県内版共通のスポーツ愛知面に掲載されました。

20(R2)0922■施設長会ソフト交流大会.pdf

20200922-1.jpg20200922-2.jpg20200922-3.jpg20200922-4.jpg

 新型コロナウイルスの感染拡大がとまりません。青葉学園は、3密対策などコロナ対策をとって、子どもへの感染防止を最優先に、外部の方との対応に努めます。

■外部の方の来園は、自粛をお願いいたしますが、必要な対応は、原則、玄関で行い、時間がかかる場合は、会議室で行わせていただきます。

〇保護者の方との面会は、児童相談所の了承を得たうえで、会議室などに会場を限定して行わせていただきます。

・夏休みでの帰省に際し、児童相談所の了承を受けて家族で旅行に出かける場合には、行程などに十分な感染予防の配慮をしていただくことなどを条件とした帰省用紙の同意書に署名をしていただきます。

〇実習は、当初、9月からホームに入って子どもたちと触れ合っていただく計画でしたが、

 感染拡大を考慮し、中止いたします。ただし、期間中、講義を初日、中間、最後の3回行うとともに、毎日の課題を提出するスクーリング形式を、実習先の大学、専門学校が認めていただける場合は、実習を受け入れさせていただきます。

〇春に開催予定だった中日青葉学園の「60周年記念式典」、卒園生との交流を深める「つつじの会」は、秋の青葉まつりに合わせて開催する予定で延期しましたが、来年4月に再延期します。また、「青葉まつり」は、外部の方のご招待は遠慮させていただき、学園内の子どもだけのイベントとして開催いたします。例年、ボランティアなどをお願いしていた学生さんや近隣の方々には申し訳ございませんが、ご了承いただけますようお願いいたします。

 新型コロナウイルスによる感染の状況は予断を許さず、学園でも子どもたちが感染しないように、来園者の方々の園内での活動は、自粛していただいております。

 つきましては、4月29日に予定していた「中日青葉学園60周年記念式典」と「ツツジの会10周年」の開催は見送り、延期させていただきます。

 秋に行う「青葉まつり」と同日に開催する計画です。期日が近づきましたら、あらためてお知らせいたします。

             記 

   青葉まつり、60周年記念式典、つつじの会 開催予定

日時 令和2年11月7日(土)

   午前 中日青葉学園60周年記念式典

      つつじの会

   午後 青葉まつり

 

 

フットサル大会 中高生男子の部で優勝

12月25日に、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで、施設長会主催のフットサル大会が行われ、中高生男子の部で、あおば館チームが優勝しました。
優勝は、平成28年度大会に続き通算5回目です。

初戦で、岡崎平和学園と対戦し、1対1の引き分けによるPKで、敗れました。
敗者復活戦を勝ち抜き、決勝戦で岡崎平和学園と再戦。
4対1で勝ち、優勝を果たしました。

MVPには、計5試合で8得点をあげた石橋永遠君が選ばれました。
20191225-1.jpg
20191225-2.jpg
MVPに選ばれた石橋永遠君のドリブル