ありがとうございますの最近のブログ記事

20190219-1.jpg

メニューを説明する平松一哉料理長(左) テーブルマナーを説明する料飲サービス部の村井俊夫キャンプテン(中) この日いただいたメニュー(右)

20190219-2.jpg
20190219-3.jpg

慣れない(魚用)ナイフとフォークで四苦八苦(左) CoCo壱番屋創業者の宗次徳二さん(右端)とVサイン(右)

  2月11日に、名古屋観光ホテルで、中学校卒業記念テーブルマナー教室があり、招待を受けた愛知県と名古屋市の児童養護施設29施設から職員・生徒約130人が参加しました。

 あおば館からは、男女2人の生徒が参加し、食事のマナーに耳を傾け、平松一哉料理長がつくられたフランス料理をおいしくいただきました。ローストビーフに舌鼓を打ちながらも、黒胡麻豆腐や白身魚が苦手な子もいて、「やばい」と口走りながら味わっていました。

食事を前に、日本ホテルレストランサービス技能協会認定講師の肩書きを持つ村井俊夫料飲サービス部キャプテンから、ナイフやフォーク、ナプキンの使い方などのお話しを聞き、緊張気味にナイフやフォークを手にしていました。まだ、ナイフやフォークを、皿にハの字に置けば、食事の途中の合図で、並べて置くと、食事が済すんだ印で、皿をかたずけてくれるそうで、感心しながらうなづいていました。

 隣りの席には、カレーのCoco壱番屋の創業者の宗次徳二さんがトレードマークの黄色のネクタイをして座られました。宗次さんは、両親の顔を知らず、幼少期に児童養護施設で育ち、宗次家の養子になって成長したそうですが、貧乏生活が続き、競輪場で落ちている車券の中から当たり券を探したこともあったといいます。

 「お小遣いはいくらぐらいもらっているの? カレーは好き?」などと、気さくに声をかけていただき、一緒にVサインの記念写真も撮らせていただきました。

 お土産もいただきました。とてもおいしく、楽しいひと時でした。

 ごちそうさまでした。そして、ありがとうございました。

  

 

節分 すし正さんから恵方巻き寄贈

 2月3日の節分にあたり、日進市の寿司店「すし正」さん(杉尾正幸店主)から恵方巻きと刺し身を、児童分、寄贈いただきました。

 子どもたちは、今年の恵方である東北東に向けて太巻きを口にしていました。

 ありがとうございます。

すし正寄贈.JPG

日本フラワーデザイナー協会愛知県支部の皆さんのご協力で、クリスマス飾り教室を開催していただきました。

20171202-1.jpg
20171202-2.jpg20171202-3.jpg20171202-4.jpg

11月23日に、京都中国料理厨師会「琢磨会」様より、若鳥の唐揚げ、海老のケチャップ炒め、中華風カツ丼、わかめスープ、イモのアメだきの5品を中華料理を提供して頂きました。特に中華風カツ丼は人気ですぐになくなってしまいました。いつも食事は一人一人配膳されていますが、今回は一つの大皿から食べたいものをとっていく形で、子ども達も新鮮さがあり、美味しそうに食べる子どもの笑顔を見ることができました。

 京都の中華料理店のご主人が、来園し、学園の子どもたちに、中華料理をふるまっていただきました。一番人気は、中華風のかつ丼。子どもたちは、「おいしい。おいしい」とほおばっていました。

20171124-1.jpg
20171124-2.jpg20171124-3.jpg20171124-4.jpg20171124-5.jpg20171124-6.jpg

豊明市の「ティーブライド」が運営する写真館「マイブライド」に勤めるカメラマン中根美穂さんが、青葉学園の子どもたちの七五三の写真を撮影していただきました。

おしゃれな着物を持参していただき、ヘアーメイクもほどこしてもらい、子どもたちは大喜び。

照れながらも、ポーズをとって写真におさまっていました。

アルバムをつくっていただけるそうです。ありがとうございます

 

■11月2日付の中日新聞なごや東版に掲載されました。

 17-1102■七五三撮影.pdf


DSC01619.JPGDSC01623.JPG20171107-1.jpg20171107-2.jpg

・10月23日に、名古屋市の日本特殊陶業市民会館で開かれた、御園座主催の「錦秋名古屋顔見世公演」に、招待していただき、子どもたち30人が、歌舞伎を楽しませていただきました。

・御園座様が、「御園座チャリティー夢シート」と設置していただき、クラウドファンディングでの支援の呼びかけにこたえていただいた方々のご協力で実現しました。

・子どもたちは、初めての歌舞伎に目を見張り、終了後に、主演の片岡愛之助さんと藤原紀香さんご夫妻と一緒に記念撮影をしていただき、大喜びでした。

ありがとうございます。

24日付中日新聞県内版に記事が掲載されましたので、ご紹介いたします。

17-1024■御園座歌舞伎クラウドファンディング.pdf

宅建協会様からのご招待で、

10月14日に名古屋港で行われた名港水上芸術花火2017を楽しむことができました。
 音楽に合わせて夜空に花火が打ち上げられて花開き、昔懐かしい曲から子どもが踊れる曲が流れ、 参加した子どもたちは大喜びでした。
 中には、このような大きな花火を見たことがなく、想定外の花火のスケールに驚き、
 「怖い」と叫ぶ小学校1年生の女の子もいました。

しかし、段々と慣れてきて、途中から花火を楽しめるようになりました。
 ありがとうございました。

10月に日本特殊陶業市民会館(名古屋市・金山)で開催される歌舞伎の「錦秋名古屋顔見世公演」に、主催の御園座さまかが「御園座チャリティー『夢』シート」を設置して、中日青葉学園の子どもたちを招待していただくプロジェクトが立ち上がっています。来年4月に誕生する「新・御園座」の教育記念事業の一環です。

    つきましては、『夢』シート事務局さまが、皆様からのご支援をお願いするクラウドファンディングの呼びかけをしていただいています。そのHPをご紹介いたしますので、趣旨にご賛同いただける方のご協力をお願いいたします。



201710032.jpg

201710033.jpg

USJ招待 アトラクション楽しむ

99日、中部善意銀行様からの招待で、大阪のユニバーサルスタジオジャパン(以下USJ)に行ってきました。中部善意銀行様が毎年、愛知県内の児童養護施設の小学5年生を対象に招待して下さっている行事で、今年はあおば館から子ども6人、引率職員2人で行かせていただきました。

当日は真夏日のような暑さでしたが、皆テンション高くアトラクションを楽しみました。初めてUSJに行く子どももいて、ジェットコースターのあまりの速さにびっくりして泣き出してしまうこともありました。これもいい思い出です。丸1日遊んだ帰り道の車は、皆ぐっすり眠っていました。

中部善意銀行様、今年もご招待いただき、ありがとうございました。

最高の夏の思い出ができました!!

 

ユニバ1.JPG ユニバ2.JPG

〇学園の和太鼓同好会「鼓太舞(こだま)」のメンバーが、
 東栄町を拠点に活動している和太鼓のプロ集団「志多ら」の皆さんから招待を受け、
 8月3日に稽古場を訪問し、和太鼓の指導を受けました。
・参加したのは、小学生から高校生までの23人。
・まず、志多らの皆さんが演奏をすると、大太鼓の低い太鼓の響きや、
 鼓のリズム感豊かな軽快な音に圧倒され、、
 多くの子どもたちは「すごいね」と口ぐちに言葉にしていました。
・続いて、子どもたちが太鼓演奏を披露すると、
「動作は大きく、ばちを上に振り上げて」「表情豊かに」とアドバイスの声が飛び、
 子どもたちは必死に太鼓をたたいていました
・これから10月末の青葉祭りでの披露に向け、
 今回の学びをいかして練習に励んでいきたいと思います。

〇「志多ら」の皆さんは、7月8日から、東京、名古屋、大阪など全国20カ所で公演を行っており、
 瀬戸市での公演に子どもたちを招待していただきました。
・迫力ある太鼓の響きや多彩な音色に、子どもたちは、盛んに拍手を送っていました。

・志多らのみなさん、貴重な体験をありがとうございました。

▼「志多ら」の皆さんから和太鼓の指導を受けた様子が中日新聞なごや東版に掲載されました。

17-0804■志多ら 和太鼓交流.pdf

▼和太鼓集団「志多ら」の20都市ツアー公演の紹介記事が県内版に掲載されました

17-0707■志多ら20都市ツアー.pdf

太鼓1.JPGのサムネール画像 太鼓2.JPGのサムネール画像

太鼓志多楽1.JPG 志多楽2.JPG

8月11日に瀬戸市文化センターで開催された志多らの公演「息吹」