行事の最近のブログ記事

8月21日 ソフトボール大会 (幸田町とぼねグラウンド)

 

●青葉館

 施設長大会では3位の結果を残すことができました。

 今年のチームを振り返ると「努力」の言葉が浮かんできます。

 誰よりも練習に励み、最年少ながら試合に出場したYさん。

 元々プレーがピカイチ、

今年は道具や環境整備にも努力が見られたRくん。

 突然の守備位置変更に驚きながらも前向きに取り組んだRくん。...

 一人一人の努力がチームを作り上げました。

 昨年に続いて連続優勝とはいきませんでしたが、

一人一人の成長を見守り、支えることができた夏でした。

 皆さんのご協力、サポートに感謝します。

 ありがとうございました!

 

あおば1.JPG あおば2.JPG

 

あおば3.JPG 打った.JPG

 

 

●わかば館

わかば投手.JPG わかば打て!.JPG

わかば抽選.JPGのサムネール画像

 

・今年の参加児童は初心者が多く、基礎練習を始める前に部活の心構えに付いてミーティングを行い、チームメイトを大切にする事と道具を大切にする事の2点を意識して取り組むよう、児童に話をしました。

・初心者が多くいる中で、経験のあるメンバーが数人入っているため力の差が大きく、経験のある子がイライラする場面も見られましたが、キャプテンと副キャプテンがチームをまとめ、練習時の雰囲気はとても良い状態を保つことが出来ていました。

・初めてやるキャッチボールやバッティングに、身体をどう動かしてよいか分からないくらいの状態から始まりましたが、監督やコーチの指導に加えて児童間で教えあう姿が多く見られ、日々上達する姿に喜ばしさを感じました。

・また、練習期間が短かった中でそれぞれが目標を持ち、練習の振り返りノートをつけるなど、自発的で積極的な取り組みが出来たことは子ども達の成長に繋がったのではないかと感じています。

 

・夏季球技大会は1回戦で知多学園松籟荘と試合を行い、2対2の同点で抽選の結果惜しくも負けてしまいました。

・その後、親善試合を豊橋平安寮と愛厚ならわ学園と行い平安寮には5対6で、さよなら勝ちをし、ならわ学園には3対2で負けてしまいました。

・今期は1勝2敗で大会を終えました。

・新しいことに挑戦した児童の表情には輝かしいものを感じることが出来ました。

・部活動で得た経験を生活で生かし支え合いながら生活をしてくれることを願っています。

             (わかば館ソフトボール部監督 藤本裕也)

 

〇卓球大会 8月23日 日進市総合体育館で

 

・青葉館Aチームは決勝戦まで進み、赤羽学園とフルセットの試合が続きましたが、惜敗。

 昨年に続いて準優勝でした。

 個人中学生の部では、昨年と同じく石橋心愛さん(中3)が3位になりました。

 

全体.JPG ここあ.JPG

じゅり.JPG みゆう.JPG

 

 

 

海へ、川へ 目的別活動 夏を満喫

・夏休みに入り、子どもたちは、海へ、川へ、体験キャンプへと出かけ、
 楽しいひとときを過ごしました。

目的別活動A 小学生 川キャンプ 
            7月24日 めいほうキャンプ村、明宝温泉湯星館、
            7月25日 大滝鍾乳洞 

・岐阜県の郡上市にある明宝キャンプ場に小学生18人が参加しました。
・子ども達が一番楽しみにしている川遊びでは魚を見つけて網でとったり、
 岩から飛び込んだりと、とても良い表情で日ごろ体験できない遊びができました。
・自然に囲まれて食べるカレーライスはいつも以上に美味しく食べる事ができました。
・来年もより子ども達が楽しめるような活動を考えていきたいと思います。

DSCN8346.JPG DSCN8404.JPG

目的別活動B    体験活動
            7月27日 モザイクタイルミュージアム、地球村 (岐阜県多治見市)

               28日  セラミックパーク美濃           (岐阜県多治見市)

・1泊2日でモザイクタイルや陶芸に挑戦できるキャンプを岐阜県多治見市で体験しました。
・参加したのは小学生6人。少人数で楽しく活動できました。
・モザイクタイルミュージアムでは、写真盾などのフレームを自分たちで選び、
 ハートやクローバーなど形や色のタイルを張り付け、
「それかわいい」「こうしてみようかな」と子どもたち同士で話し楽しみながら
 オリジナルの写真たてを楽しみながら作ることができました。

・地球村は、木々に囲まれた静かな環境でバーベキューや流しそうめんを味わいました。
・夜のだんだん涼しくなる空気の中、たくさんのお肉やお野菜を食べ
「もうお腹いっぱいー」「おいしかったー」と言った感想が聞くことができました。
・また、夕食中はフラフープや縄跳びで体を動かして遊び、子どもたちは笑顔いっぱいでした。
・流しそうめんでは、予想以上に流れる麺が速く、なかなかはしですくうことができなかったり、
 先の方で待つ子どもには、なかなか流れてこなかったりして、イライラしていました。
 しかし、次第に上手にすくい上げられるようになり、
「こないなら食べられるところに行く」と場所を変えたりと一人一人が工夫して味わっていました。

・セラミックパーク美濃では、陶芸に挑戦しました。
・ろくろで作る陶芸作品に目を輝かせながら、
 自分が作りたい器の製作に取り組みました。
・一番人気は、お茶碗。
・自分の力加減で形が変化する器に、小さな悲鳴を上げながらも
 土を支えた手を離さず最後まで作り上げることができました。
・出来上がりまで2か月かかると聞いて、「長いね」と話しながらも
 完成して自分たちの手元に来るのが楽しみな様子でした。

体験キャンプ1.JPG 体験キャンプ2.JPG

 

体験キャンプ3.JPG 体験キャンプ4.JPG

〇幼児さんの目的別活動 8月3、4日 岐阜県郡上市 モリソラの家

                                   牧歌の里

 ひるがの高原へ幼児7人、職員人名、総勢13人で楽しみました。
 流れる川での水遊び、レストランでの昼食、かき氷、木造アスレチック。
 夜の炭火焼きバーベキュー、花火、戸外露天風呂。興奮冷めやらず就寝。
 二日目も朝から、テンションマックスで朝食もそこそこに、牧歌の里へ向かいました。
 自然と動物とのふれあい、乳搾り、昼食のバイキングに大騒ぎ。
 あれもこれも食べてお腹パンパン! 
 園内電車でちょっと一休み。
 帰路のバスの中は勿論ゆりかご状態で、すやすや。
 目が覚めると回転寿司店へ。
 またまたボルテージは頂点に達し、帰園するバスのなかで、
 楽しかった楽しかったと口々に発し、無事故の帰園に大満足の活動でした。

 

7月29日、中日ドラゴンズの元捕手・小田幸平さんと元投手・遠藤政隆さんが学園を訪問しました。
子どもと一緒に昼食をとって交流、野球教室をしていただきました。
小田さんは、子どもと昼食をとった後、サイン色紙をプレゼントしていただきました。
この日は、ドラゴンズの試合の中継解説の仕事があり、名古屋ドームに向かわれました。
遠藤さんは、あおば館とわかば館のソフトボール部員ら約30人を相手に指導。
自らバットを握って、ノック。子どもたちはフライやゴロを必死に追いかけ、ホームや一塁手に返球していました。中には、外野フライをとることができるまで「もう1本」とノックを求める子もいました。

また、2チームに分かれて、ティーボールでボールを打ち、一塁、二塁など進んだベースによってあげた得点を競いあい、歓声をあげていました。

小田さん、遠藤さん、ありがとうございます

★野球教室の様子が30日付の「中日新聞なごや東版」に掲載されました。

201707291.jpg201707292.jpg

7月9日から始まる大相撲名古屋場所を前に2日、横綱・稀勢の里 関、大関・高安 関が所属する田子ノ浦部屋が宿舎にしている長久手市の大雄院で、稽古の見学をさせていただきました。

残念ながら稀勢の里 関の姿はありませんでしたが、高安 関を中心とした稽古をみることができました。高安関の胸を借りて押し込んだり、投げられても投げられても起き上って立ちむかう姿は迫力満点でした。稽古を重ねるにつれ若手力士の息が切れ、苦しそうな姿から、子どもたちは、稽古の厳しさを実感していました。

稽古後には、高安 関を囲んで写真を撮影させていただきました。
名古屋場所での活躍を願い、精一杯応援させていただきます。
目指せ 優勝!  頑張れ 稀勢の里 関!、高安 関!

201707031.jpg201707032.jpg
201707033.jpg201707034.jpg

卒園生や退職職員、元分校教師をお招きして交流を深める「つつじの会」を4月29日に多目的ホールで開きました。今回は、3部構成で、第1部は式典、第2部は、この3月に退職した元わかば館長の近藤日出夫さんを囲む会、第3部は、タイムカプセルの埋設と卓球などの交流会です。

式には、卒園1期生や退職後初めて訪れた職員などなつかしい84人が来園。式の冒頭、松田園長が「つつじの会は巣立ちの会、青葉まつりとならんで3大イベントの1つになりました。上り坂の木がなくなって驚いている人も多いと思いますが、回を重ねると大きく成長するでしょう」と挨拶しました。蟹江会長は「10年、20年と続けていきたい」と意欲を示し、昭和61年から分校中学部で教鞭をとった宮田先生は「マラソン大会に出場して走っていますが、そのきっかけは分校の山走りでした」と振り返って思い出を話していました。
20170430-1.jpg20170430-2.jpg


続いて2人の卒園生が、学園での体験を発表しました。小学生時代に不登校で学園に在籍し、現在、飲食店長を務める20代の男性は「飲食業で大切な笑顔や人に親切にすることなど、人との接し方を学び、とても役にたっています」と力を込め、「いずれ、自分の店を持ちたい」と夢を語りました。車の設計に携わる20代の男性はディーラーに入社し、2回の転職を経て、この春、大手車メーカーに就職。「ここで学んだコミュニケーション力はとても役にたちました。F1カーを設計したくて、仕事もステップアップしてきました。こんな車を作ったと報告できるようになりたい」と決意を語りました。

第2部では、近藤さんが「10歳で青葉学園に入園し、学園の職員となって3月に退職するまで約50年お世話になりました。いわば、私の実家のようなものです。学園では、いろいろな体験ができ、かけがえのない財産になりました。胸を張って社会に巣立っていってほしい。みんな応援しています」とエールを送りました。続いて、近藤さんが退職するまでの写真が次々に大きなスクリーンに写し出され、参加者は思い出にひたっていました。

20170430-3.jpg

20170430-4.jpg20170430-5.jpg

第3部では、2020(平成32)年に学園が創立60周年を迎えることから、記念に、子どもたちや職員らに「3年後の私へ」と題した手紙を書いてもらい、タイムカプセルに入れて埋めました。60周年記念式典で、開封する予定です。子どもたちと卒園生らによる卓球大会も楽しみました。

20170430-6.jpg20170430-7.jpg

■スクリーンで紹介された元わかば館長の近藤さんの思い出の一部です

20170430-8.jpg
20170430-9.jpg

20170430-10.jpg20170430-11.jpg

・進学や就職、家庭復帰などで、本年度は14人が学園を旅立ち、学園では3月20日に卒園生を祝う「巣立ちの会」を開催しました。
・会場の多目的ホールは、日本フラワーデザイナー協会愛知県支部の皆さんに作っていただいた花が飾られて華やいだ雰囲気に包まれました。児童相談所や日進中学校の先生方も、お祝いに駆けつけてくださいました。在園生が見守る中、中学、高校を卒業した子どもたちは、スクリーンに映された写真を見ながら、楽しかったことや辛かったこと、担当職員への感謝の気持ちなど、学園での思い出を、時には涙を流しながら話してくれました。

※中日新聞なごや東版に、式の記事が掲載されました

中日新聞なごや東版の紙面.pdf
......................................................................................................
 新たな一歩を踏み出す素敵な子どもたちを紹介します。

■あおば館
・S君は、心の優しい子で、学校生活や就職活動でも、やると決めたことに向かって頑張れる子です。卒園後はグループホームで生活しながらリサイクル関係の仕事に就きます。
・N君は、ホーム職員と子たちの間に立ってくれる子で、いつもホーム全体のことを考えてくれていました。卒園後は、タレントのマネージャーになる夢を叶えるため、専門学校に通います。
・K君は、年下に慕われる良きお兄さんで、毎朝早起きして春日井の高校に通いました。卒園後は大学に進学し、福祉と建築の勉強をします。
・T君は、決めたことを最後までやり遂げることのできる子で、卒園後は寮に入って車の部品を作る会社で働きます。
・S君は、気配りのできる優しい子で、職員の手伝いをよくしてくれていました。卒園後は、寮に入り豆腐を作る機械の製造の仕事に就きます。
・Sさんは、おしゃれが大好きな女の子です。昔から女優になる夢を持っており、その夢を叶えるために4月から専門学校に通います。
・Nさんは、おしゃべりが大好きな中学生で、4月からは家庭復帰をし、高校進学を目指します。
■わかば館

T君は、スポーツ万能、正義感も強く、もえぎホームの兄貴的存在。卒園後は家庭復帰をして、地元の公立高校のに通います。

 

・Tさんは、笑顔のかわいい女の子、人の気持ちを考えることのできる人です。卒園後はグループホームで生活しながら、仕事に行く予定です。

 

T君は、ゲームの大好きな男の子、周りへの感謝の気持ちをもつ事の出来る人です。卒園後はグループホームで生活しながら、金属加工の工場で働きます

 

・子どもたちは卒園してこの中日青葉学園を離れますが、皆にとってここは「ふるさと」です。

・いつでも学園に来て、元気な姿を見せてくれるのを楽しみにしています。

IMG_0855.JPG IMG_0867.JPG

花道を入場する卒園生               坂井理事長(右)から記念品を受け取る卒園生                      

思い出いっぱい 年度末ホーム旅行 

【さくら】2月13日 ナガシマスパーランド、アンパンマンミュージアム
ナガシマスパーランドの大観覧車と幼児対応の遊具を全部制覇しました。10人の幼児に職員6人で対応したのも功を奏して、「楽しかったぁ?」と、口々に満足そうでした。お土産にキャラクターパンや玩具を購入し、夕食は回転寿司で大いに楽しみました。来年も絶対行きたい。
201703201.jpg201703202.jpg


【わかば】2月13日 ナガシマスパーランド
インフルエンザにかかる子も少なく、当日は全員そろって出かけることができました。ナガシマでは小グループに分かれ、絶叫系の乗り物が好きな子は絶叫系を乗りまわり、乗り物の苦手な子は観覧車に乗ったり、買い物を楽しんだりして、とても有意義な時間を過ごすことができました。夕食ではお腹いっぱい焼肉を食べ、表情良く1日を終えました。
201703203.jpg201703204.jpg


【ひのき】2月19日 ナガシマスパーランド
行先はみんなで相談して決めたナガシマスパーランド。天気も良く旅行日和でした。絶叫系を楽しむ児童や、シューティングゲーム中心に遊ぶ子...各々楽しんでおり良い時間となりました。その後は敷地内にある長島温泉・湯あみの島へ。一日遊んだ体を皆で癒しました。最後に向かった先は回転寿司。中には初めて回転寿司を体験する子もいました。色んなお寿司を食べ、今日一日の旅行話に花を咲かせながら楽しい夕食となりました。
ひのき2.JPG ひのき3.JPG

【もみじ】2月26日 スケート、スイーツバイキングなど
子供たちの「やりたい」という希望をたくさん取り入れました。
「スケートしたい」「スイーツ食べたい」「ポケモンセンター行きたい」「ジャニーズショップ行きたい」「バイキングで食べたい」などなど。
みんなでスケートをして食事をした後は、グループに分かれて、別行動をしました。それぞれの目的地まで、みんな普段使わない電車とバスを使い、緊張しながら切符を通したりして、いい体験になりました。
今回の目玉はなんといってもお昼ごはん!名古屋観光ホテルのスイーツバイキングに行けたことは「マナーと身だしなみ」を勉強するいい機会にもなりました。たくさん歩いて疲れましたが、楽しい時間を子どもたちと過ごし、おいしいものをおなかいっぱい食べ、幸せな一日を過ごすことができました。
     大須1.JPG もみじランチ.JPG
【しらかば】3月11日 大阪

 小規模ホームのしらかばは、大阪に行きました。しかし、実現までの道のりはとても険しいものでした。日帰り旅行としては、移動距離、時間などに問題がある、として最初は認められませんでした。子どもたちは「どうしても大阪に行きたい!」と高校生を中心に団結。タイムスケジュールを工夫し、現地での観光場所などを調べてチラシを作りました。それを元に学園として検討した結果、OKになりました。子ども達が自分達の願いを叶えるために主体的に動き実現できたというとてもいい経験をできたなと思います。当日は、道頓堀で昼食を一緒に食べて、そこからは複数のグループに分かれて活動しました。

 
   
【けやき】3月19日 ナガシマスパーランド
昨年に引き続き、今年もナガシマスパーランドへ行ってきました。絶叫が苦手な児童が多い中、今年は絶叫に挑戦しようととても楽しみにしておりました。新しい絶叫のアトラクションにも挑戦し、乗る前のワクワクした表情や乗り終えた後の満足した表情など見る事ができ、1年の締めくくりにとても良い思い出ができました。子どもの笑顔をたくさん見る事ができ、子どもと一緒にこういった時間を共有することはとても大切であると改めて感じる事のできる旅行になりました。
 

親善マラソン大会 35人が力走

施設長会親善マラソンが2月12日に、新城市の新城総合公園周辺コースで行われました。青葉学園からは、35人が参加。小学校低学年は1キロ、小学校高学年は1・5キロ、中高生は3キロのコースに挑戦しました。

大会に向けて、2週間前から、平日夕方に練習を開始しました。「寒いから嫌だ。めんどくさい」と声をあげながらも、子どもたちは練習に参加し、走り出すと良い表情でした。当初予定の5日は、悪天候のため、1週間後に延期。また、練習を重ねました。12日の大会当日は、良い天気に恵まれ、子どもたちは練習の時よりも少し緊張感を持って力一杯、走り切りました。誰一人、途中で諦めることなく完走できました。うち、2人が6位入賞を果たしました。今後も、何でもいいので目標もって取り組んでほしい、と思いながら日々の支援をしていきたいと思っています。

(マラソン担当=平尾、加藤、宮地、藤本、岩見)

長友珠里.JPG

子どもと伴走した職員(左)も高校職員の部で4位入賞。

フットサル大会で、あおば館の中高生優勝

第7回愛知県児童福祉施設長会フットサル大会が26日に、名古屋市港区のテバオーシャンアリーナであり、中高生の部で、あおば館チームが昨年に続いて通産4回目の優勝を飾りました。
中高生の部であおば館チームは、初戦で岡崎平和学園に0-2で敗れたものの、敗者復活戦を2勝してベスト4へ。準決勝で豊橋平安寮に1-0で勝利し、決勝戦は、再び岡崎平和学園との対戦になりました。初戦では、攻撃を急ぐあまり前がかりになりすぎて、カウンターに屈しましたが、決勝戦では、確実にボールを持ちながら、積極的に攻めて2点を奪い、雪辱を果たしました。MVPには、各試合で、勝利を決める得点をあげた西塚永幸君(高1)が選ばれました。
優勝、おめでとう。

青葉館小学生は、初戦勝利しましたが、2回戦で敗れました。
わかば館は、初戦は勝利しましたが、準決勝で敗れました。

16-1227■フットサル中日新聞記事.pdf

20161227-1.jpg

決勝戦の岡崎平和学園戦で、得点を決める西塚永幸君。大会MVPに(あおば館)

20161227-2.jpg

華麗なフリーキック。反撃だ!(わかば館)

スケート教室開催 滑りを楽しみました

あおば学園とファミリーホーム「くらちゃんハウス」(ファンライフ、東海市)の子どもたちが23日、名古屋スポーツセンターで、スケートを楽しみました。

中日社会事業団と同センターの協力によるイベントです。

小さな子どもたちは、はじめのうちはボランティアの学生らの手を頼りに、恐る恐る氷の上を歩いていましたが、慣れるにつれて滑りを楽しんでいました。

大きな子どもたちは、転んでもすぐに起き上がって、氷を滑る実感を味わっていました。

 

★24日付中日新聞県内版に記事が掲載されました。

16-1224■スケート教室.pdf


20161224-1.jpg20161224-2.jpg