海へ、川へ 目的別活動 夏を満喫

・夏休みに入り、子どもたちは、海へ、川へ、体験キャンプへと出かけ、
 楽しいひとときを過ごしました。

目的別活動A 小学生 川キャンプ 
            7月24日 めいほうキャンプ村、明宝温泉湯星館、
            7月25日 大滝鍾乳洞 

・岐阜県の郡上市にある明宝キャンプ場に小学生18人が参加しました。
・子ども達が一番楽しみにしている川遊びでは魚を見つけて網でとったり、
 岩から飛び込んだりと、とても良い表情で日ごろ体験できない遊びができました。
・自然に囲まれて食べるカレーライスはいつも以上に美味しく食べる事ができました。
・来年もより子ども達が楽しめるような活動を考えていきたいと思います。

DSCN8346.JPG DSCN8404.JPG

目的別活動B    体験活動
            7月27日 モザイクタイルミュージアム、地球村 (岐阜県多治見市)

               28日  セラミックパーク美濃           (岐阜県多治見市)

・1泊2日でモザイクタイルや陶芸に挑戦できるキャンプを岐阜県多治見市で体験しました。
・参加したのは小学生6人。少人数で楽しく活動できました。
・モザイクタイルミュージアムでは、写真盾などのフレームを自分たちで選び、
 ハートやクローバーなど形や色のタイルを張り付け、
「それかわいい」「こうしてみようかな」と子どもたち同士で話し楽しみながら
 オリジナルの写真たてを楽しみながら作ることができました。

・地球村は、木々に囲まれた静かな環境でバーベキューや流しそうめんを味わいました。
・夜のだんだん涼しくなる空気の中、たくさんのお肉やお野菜を食べ
「もうお腹いっぱいー」「おいしかったー」と言った感想が聞くことができました。
・また、夕食中はフラフープや縄跳びで体を動かして遊び、子どもたちは笑顔いっぱいでした。
・流しそうめんでは、予想以上に流れる麺が速く、なかなかはしですくうことができなかったり、
 先の方で待つ子どもには、なかなか流れてこなかったりして、イライラしていました。
 しかし、次第に上手にすくい上げられるようになり、
「こないなら食べられるところに行く」と場所を変えたりと一人一人が工夫して味わっていました。

・セラミックパーク美濃では、陶芸に挑戦しました。
・ろくろで作る陶芸作品に目を輝かせながら、
 自分が作りたい器の製作に取り組みました。
・一番人気は、お茶碗。
・自分の力加減で形が変化する器に、小さな悲鳴を上げながらも
 土を支えた手を離さず最後まで作り上げることができました。
・出来上がりまで2か月かかると聞いて、「長いね」と話しながらも
 完成して自分たちの手元に来るのが楽しみな様子でした。