8月の行事予定

・暑い夏、8月です。

・子どもたちは、プールを楽しみにしています。

・施設長会主催の卓球、ソフトボール大会があります。

 強化練習に励み、優勝を目指します。

2、17,18日  高校生交流会

3日        和太鼓体験

3、4日      小5 野外活動,

                      幼児目的別活動

5日?11日   ソフトボール部強化練習

8日        理美容奉仕日

11日       和太鼓招待

12?14日   お盆外出

17?19日   卓球部強化練習

20日       野球招待

21日       夏季球技大会・ソフトボール大会、出校日

23日       夏季球技大会・卓球大会

24日       目的別活動あおば

29日       オークランドボウリング招待

25日       〇

28日       ドッグ訪問

・中日ドラゴンズの元捕手・小田幸平さんと元投手・遠藤政隆さんが29日、学園を訪問。

 子どもと一緒に昼食をとって交流、野球教室をしていただきました。

・小田さんは、子どもと昼食をとった後、サイン色紙をプレゼントしていただきました。

 この日は、ドラゴンズの試合の中継解説の仕事があり、名古屋ドームに向かわれました。

・遠藤さんは、あおば館とわかば館のソフトボール部員ら約30人を相手に指導。

 自らバットを握って、ノック。子どもたちはフライやゴロを必死に追いかけ、ホームや一塁手に返球 

 していました。中には、外野フライをとることができるまで「もう1本」とノックを求める子もいました。

・また、2チームに分かれて、ティーボールでボールを打ち、一塁、二塁など進んだベースによって

あげた得点を競いあい、歓声をあげていました。

・小田さん、遠藤さん ありがとうございます

〇野球教室の様子が、30日付の中日新聞なごや東版に掲載されました。

円陣.jpg

 

遠藤さんノック.jpg

 

ひのきっ子農園 キュウリもトマトも

今年もこの季節がやってきました。
ひのきっ子農園。
ひのきホームは3Fにあるので野菜を育てるのはプランター。
でもでも!それでも元気よく育ってくれています。

出勤時にキュウリが大きくなっているのが下から見え、感動(笑)


第一号のキュウリは真っ直ぐ立派に育ってくれました。
ひのきにはキュウリが大好物のL君がいます。▼

きゅうり.jpgのサムネール画像

ミニトマトも実をつけました。 ▼

ミニトマト.jpgのサムネール画像

シシトウもたくさん収穫できそうです。▼

ししとう.jpg

 

こちらは唐辛子。
収穫した後は乾燥させてひのき特製の一味を作りたい!▼

とうがらし.jpg

ゴーヤもたくさんの花が。
ゴーヤ早く食べたいな?とR君。▼

ゴーヤ.jpg


先日、Y君が職員の顔を見て「○○ちゃん(職員の名前)がいない間、水やりしといたよ?!」と。
とても嬉しく、心がほっこりしました。

収穫したての野菜を子どもたちと一緒に食べるのがとても楽しみです。

  ソファ1背.JPG ソファ2ボルト.JPGのサムネール画像

ソファ3.JPG ソファ5ひっぱり.JPG

ソファ4.JPG

78日に、ソファ専門店NOYESさんと一緒にソファ作りを行いました。

・子ども達は初めての見る道具やソファの部品にとても興味津々でした。

・年齢で2グループ分かれて作業をしました。

・子ども達は、はじめはどの部品がソファのどの部分になるのか想像がつかず、職人さんにたくさん質問をしながら一生懸命少しずつ進めていきました。

・慣れない作業に集中力がなかなか続かず、投げ出しそうになった子もいましたが、最後は全員でソファを完成させることが出来ました。

・ソファ作りというのは、人生の中でなかなか経験できることではありません。

・こういった素敵な機会をいただけたというのは、とてもありがたいことですし、子ども達にとっても、貴重な経験になったと思います。

・作ったソファは男の子ホームのリビングに置かせていただいています。

・子ども達にとって、とても居心地がいいようで、いつも場所の取り合いをしています。

・子ども達と共に、ソファを大切に使っていきたいと思います。

・今回、貴重な経験をさせて頂いた、ソファ専門店NOYES様のスタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

・7月9日から始まる大相撲名古屋場所を前に2日、横綱・稀勢の里 関、大関・高安 関が所属する

田子ノ浦部屋が宿舎にしている長久手市の大雄院で、稽古の見学をさせていただきました。

・残念ながら稀勢の里 関の姿はありませんでしたが、高安 関を中心とした稽古をみることができました。高安関の胸を借りて押し込んだり、投げられても投げられても起き上って立ちむかう姿は迫力満点でした。稽古を重ねるにつれ若手力士の息が切れ、苦しそうな姿から、子どもたちは、稽古の厳しさを実感していました。

・稽古後には、高安 関を囲んで写真を撮影させていただきました。

・名古屋場所での活躍を願い、精一杯応援させていただきます。

・目指せ 優勝!  頑張れ 稀勢の里 関!、高安 関!

1幟旗.jpg 2稽古場.jpg

高安ぶつかり稽古.jpg 4記念撮影.jpg

7月の予定

七夕.jpg

・七月に入り、暑い日が続いています。

・子どもたちは、プールを心待ちにしています。

・学園の正面玄関には、七夕飾りを立てました。

・「スポーツ大会で勝てますように」などのお願いのほか「いつまでも子どもでいられますように」

 とのかわいいお願いもありました。さて、聞き入れてもらえるでしょうか...

・下旬からは、夏休み恒例の目的別活動も始まります。

【 7月の予定 】

 2日(日) 田子の浦部屋 相撲稽古見学

 8日(土) 手作りソファボランティア サッカー招待

10日(月) 理美容奉仕日

17日(月) 大相撲名古屋場所 招待

20日(木) 小中学校、高校終業式

24、25日(月、火) 目的別活動A 小学生 川

25日         ディズニーオンアイス招待

27、28日(木、金) 目的別活動B あおば館

             目的別活動C わかば館

29日(日) 元中日ドラゴンズ選手 小田幸平さんによる野球教室

31、8/1日(月、火) 目的別活動D 中高生 海 

6月の寄贈・寄付 ありがとうございます

6月に寄贈・寄付をいただいたのは、次の皆さんです。
ありがとうございます

【 寄贈 】

・12日 愛知日産自動車さま =名古屋市(電気自動車)

・16日 中部善意銀行さま  =名古屋市(絵本)           

  

【 寄付 】( 現金 )

・2、16、23、30日 岩瀬清さま

・ 9日 椿謡会つばた歌謡教室さま

・13日 匿名さま

・15、21、24日 匿名さま

・16日 真能秀久さま

・22日 松本哲男さま

・23日 片田知行 さま

・30日 井上希見子さま

6月12日に愛知日産自動車さまから電気自動車2台を寄贈していただきました。

学園で行われた寄贈式には、愛知日産自動車の打越晋社長、日産自動車の中村公泰副社長が出席され、松田学園長、坂井中日社会事業団理事長にキーを手渡していただきました。

式典では、学園の子どもたちが和太鼓の演奏を披露し、感謝の気持ちをお伝えいたしました。

e-NV200を青葉館、リーフをわかば館で利用させていただき、子どもたちの送り迎えや病院などへの通院に使わせていただきます。

ありがとうございます。


■電気自動車寄贈の記事が中日新聞 県内版に掲載されました。

17-0613■愛知日産、電気自動車を寄贈.pdf

20170613-1.jpg

20170613-2.jpg

20170613-3.jpg

20170613-4.jpg

20170613-5.jpg

中養協大会で、自立支援をテーマに発表

68日?10日にかけて中部ブロック児童養護施設・乳児院協議会愛知大会が行われました。

今回本施設から、「自立支援の現状と課題」というテーマで意見発表をさせて頂きました。現在高校中退者が多くいる中で、本施設の、高校中退者を通信制などの方向転換や就職支援に向けて取り組んでいる現状と、今春の高校卒業生と在学生の2ケースについて発表をしました。

グループワークでは、夢や目標を持つためには、アルバイトなどを通して地域や社会に目を向けることが必要であるという意見や、自立支援をどこまでするのかは、担当個人の裁量ではなく、施設業務として位置づけが必要であるなどといった意見があがりました。

助言者である昭和女子大学の原史子教授より、「県や施設によって進学や援助に差があるため『ここまでの自立支援・アフターケアをやりましょう』と施設内で決めることが必要。親との関係調整を丁寧にすることも、子どもの自立支援につながる。子どもを一人の人間としてとらえ、本人自身が取り組んでいくようにサポートすることが、自立への力を養うことになる。」という助言を頂きました。

改めて、職員一人で支援するのではなく、チームで支援すること、地域の特性や制度を理解し、自分たちの施設に何が必要か、何ができるか考え、最善を尽くすことが大切であると学びました。

6月1日に、愛知県精神医療センターで「性の問題について考える会」が開かれ、児童福祉施設、医療機関、児童相談所の職員が集まり、研修会が行われました。グループセッションもあり、各施設での取り組みなどの情報交換をしました。

この会は、数年前にあいち小児保健医療総合センターの医師、保健師、心理士で立ち上げられました。小児センターを会場に、各施設の性に関する取り組みを紹介し、情報交換や職員が直面する状況や感情などさまざまなことをシェアしてきました。

 第5回からは取り組みが行われている現場(施設)を見ることが大事という視点から、会場を施設に移して開催されています。これまで11回開催されました。平成28年度から中日青葉学園が事務局を担い、運営に携わっています。