6月12日に愛知日産自動車さまから電気自動車2台を寄贈していただきました。

学園で行われた寄贈式には、愛知日産自動車の打越晋社長、日産自動車の中村公泰副社長が出席され、松田学園長、坂井中日社会事業団理事長にキーを手渡していただきました。

式典では、学園の子どもたちが和太鼓の演奏を披露し、感謝の気持ちをお伝えいたしました。

e-NV200を青葉館、リーフをわかば館で利用させていただき、子どもたちの送り迎えや病院などへの通院に使わせていただきます。

ありがとうございます。


■電気自動車寄贈の記事が中日新聞 県内版に掲載されました。

17-0613■愛知日産、電気自動車を寄贈.pdf

20170613-1.jpg

20170613-2.jpg

20170613-3.jpg

20170613-4.jpg

20170613-5.jpg

6月の予定

・6月に入りました。

・梅雨入りで、雨模様の日も多くなりますが、新たに植樹した木や草花には恵みの雨です。

・スポーツ大会もあり、ボランティア活動日など晴れたらいいな

 

1日(木) 性の問題を考える会

3日(土) 北小学校運動会

4日(日) 市民卓球大会

7?9日 中養協大会(名古屋市)

11日(日)子ども会キックベース大会

12日(月)日産自動車電気自動車寄贈式

      尾張施設長会

17日(土)ボランティア活動日、青葉スポーツ大会

19日(日)理美容奉仕日

20日(月)社会事業団理事会

5月の寄贈・寄付 ありがとうございます

5月に寄贈・寄付をいただいたのは、次の皆さんです。
ありがとうございます

【寄贈】 
・  5日 チュチュアンナさま                      =大阪市 (靴下)
・  9日 東海アイスクリーム協会さ            =名古屋市 (アイスクリーム)
・22日 コストコホールセールジャパンさま =常滑市 (レジャー用品)
・22日 タイガーマスク基金さま               =東京都 (テレフォンカード)
・22日 田中尚巳さま                             =名古屋市 (扇風機)

青葉学園では、6月17日(土)をボランティア活動日として、清掃活動、カレーパーティーやスポーツ交流会を行います。
子どもたちと触れ合うボランティア体験をしてみませんか?

20170523-1.jpg20170523-2.jpg

5月の予定

若葉の季節。端午の節句。子どもの月です。

ゴールデンウィークには、郊外に出かけ、楽しみます。

・3日(水)  しらかばGW外出
・4日(木)  もみじ、ひのきGW外出
・5日(金)  けやきGW外出
・6日(土)  さくらGW外出
・14日(日) 市民ソフト
・16?18日 中2野外活動
・22、23日 中学 中間テスト
・24日(水) 国立きぬ川学院 相澤孝予学院長講演
        (性の問題について考える会 学園で)
・30、31日 中3修学旅行

20170501-1.jpg
20170501-2.jpg

卒園生や退職職員、元分校教師をお招きして交流を深める「つつじの会」を4月29日に多目的ホールで開きました。今回は、3部構成で、第1部は式典、第2部は、この3月に退職した元わかば館長の近藤日出夫さんを囲む会、第3部は、タイムカプセルの埋設と卓球などの交流会です。

式には、卒園1期生や退職後初めて訪れた職員などなつかしい84人が来園。式の冒頭、松田園長が「つつじの会は巣立ちの会、青葉まつりとならんで3大イベントの1つになりました。上り坂の木がなくなって驚いている人も多いと思いますが、回を重ねると大きく成長するでしょう」と挨拶しました。蟹江会長は「10年、20年と続けていきたい」と意欲を示し、昭和61年から分校中学部で教鞭をとった宮田先生は「マラソン大会に出場して走っていますが、そのきっかけは分校の山走りでした」と振り返って思い出を話していました。
20170430-1.jpg20170430-2.jpg


続いて2人の卒園生が、学園での体験を発表しました。小学生時代に不登校で学園に在籍し、現在、飲食店長を務める20代の男性は「飲食業で大切な笑顔や人に親切にすることなど、人との接し方を学び、とても役にたっています」と力を込め、「いずれ、自分の店を持ちたい」と夢を語りました。車の設計に携わる20代の男性はディーラーに入社し、2回の転職を経て、この春、大手車メーカーに就職。「ここで学んだコミュニケーション力はとても役にたちました。F1カーを設計したくて、仕事もステップアップしてきました。こんな車を作ったと報告できるようになりたい」と決意を語りました。

第2部では、近藤さんが「10歳で青葉学園に入園し、学園の職員となって3月に退職するまで約50年お世話になりました。いわば、私の実家のようなものです。学園では、いろいろな体験ができ、かけがえのない財産になりました。胸を張って社会に巣立っていってほしい。みんな応援しています」とエールを送りました。続いて、近藤さんが退職するまでの写真が次々に大きなスクリーンに写し出され、参加者は思い出にひたっていました。

20170430-3.jpg

20170430-4.jpg20170430-5.jpg

第3部では、2020(平成32)年に学園が創立60周年を迎えることから、記念に、子どもたちや職員らに「3年後の私へ」と題した手紙を書いてもらい、タイムカプセルに入れて埋めました。60周年記念式典で、開封する予定です。子どもたちと卒園生らによる卓球大会も楽しみました。

20170430-6.jpg20170430-7.jpg

■スクリーンで紹介された元わかば館長の近藤さんの思い出の一部です

20170430-8.jpg
20170430-9.jpg

20170430-10.jpg20170430-11.jpg

4月に、寄付・寄贈をいただいたのは、次の皆さんです。
ありがとうございます。

 
【寄贈】
・  8日 慈眼寺さま   =日進市       (お菓子)
・12日 文屋さま    =長野県小布施町 (児童書)
・14日  JA三重南紀さま =三重県御浜町   (ミカン)
・26日 (株)都築さま =豊田市        (お菓子)

※ミカンの寄贈が、中日新聞なごや東版に掲載されました

17-0314■JA三重南紀ミカン寄贈.pdf
 
【寄付】(現金)
・3、11、24、28日  岩瀬 清さま 
・                6日  中日新聞岡田新聞店さま
・                7日  小酒井 学 さま
・    7、13、28日  匿名
・              28日  匿名
【招待】
・                1日 楢崎正剛さま 
                           名古屋グランパス VSロアッソ熊本 = 豊田スタジアム
 

あおば館心理部は、常勤心理士2人と非常勤心理士1人で活動しています。
そして個別心理療法(プレイセラピー・個別面接)と集団心理療法(「心の教室」)を通して、子どもたちを支援しています。 

心の教室」では、『尊重』(「自分を大切にする」「自分を大切にしながら、相手の気持ちを大切にする」)を、体験しながら学んでもらいます。
内容は1回60分で「ウォーミングアップ→心理教育→アート(作品制作を通して表現)→振り返り」です。
ウォーミングアップでは、「今の自分の気持ちがどんな風なのか?」に焦点を当て、色などで表現してもらいます。そしてブレインジム体操(脳の体操)を一緒にやり、体の変化を見つけてもらいます。また、自分が「心地よい感覚」になれる何かを探し、嫌な気持ちの時にはその「心地よい感覚」を使って、気持ちを切り替える練習をすることもあります。1つ1つは、とても簡単なことです。けれど、こういった種まきをしておくことで、不快な気持ちが出てきた時に、それに対処する方法を一緒に見つけることが出来ます。アートの時間は、子どもたちの制作意欲に花が咲き、アイディアいっぱいの素敵な作品が作られたり、みんなで1つの作品を作ったりしてきました。    

『心の教室』の中で、子どもたちが元々持っている優しい気持ちが発揮され、自然に「ありがとう」と言い合えるグループに成長してきた時には、スタッフはとてもうれしく、やりがいを感じます。子どもたちには、どこかに自分の居場所を見つけてほしいと思っていますが、この『心の教室』がその1つになってくれたら幸いです。

20070403-1.jpg20070403-2.jpg20070403-3.jpg

4月の青葉学園の予定

20170401-1.jpg20170401-2.jpg

4月は、入学式、新学期が始まる月。

お祝いするかのように学園の桜が咲いています

 

6日(木)

 北小学校入学式、高校入学式

7日(金)

 日進中学校入学式、日進ベタニヤ幼稚園入園式、小中高校始業式

11日(火)

 日進ベタニヤ幼稚園始業式

17日(月)

 理美容奉仕日

22日(土)

 健康診断、清掃活動日

26日(水)

 北小遠足

27日(木)

 リサイクル

28日(金)

 スポーツフェスティバル

29日(土)

 つつじの会


20170401.jpg


 3月30日にレゴランドのプレーオープンに招待していただきました。パークに入ると、たくさんの乗り物と、チュロスやジュースなどの食べ物も無料でサービスしていただき、子どもたちは大喜び。まさに夢の国!!水鉄砲で打ち合うアトラクションでは、子どもたちは、びしょびしょにぬれなりながら何度も乗っていました。たくさん食べて、たくさん遊んでと、笑顔のあふれる1日になりました。

 ありがとうございました。

20170331-1.jpg

20170331-2.jpg20170331-3.jpg20170331-4.jpg