熱気球づくり体験 高く上がった!

11月13、14日に、熱気球づくりに挑戦。見事、40メートルほどの高さまで上がりました。

三菱UFJ銀行さまの社会貢献活動の一環として企画していただき、創造性教育に取り組むアート&マインドセンター(AMC)の水谷イズル代表の指導で、実現しました。

あおば館とわかば館の子ども15人が参加しました。
縦180センチ、横480センチ6の長方形の透明のビニールシートに、ポスカで、ドラえもんやアンパンマン、鬼滅の刃の禰豆子ちゃんなどのアニメの主人公や、ケーキやお菓子などのイラストなど自分の好きなものを思い思いに描きました。シートの下部60センチの部分を絞って、願い事などを書いた短冊を取り続けました。短冊には「ウイルスがなくなりますように」「高校に受かりますように」などの夢がかかれていました。

下の空いた部分から、カセットコンロで温かい空気を送ると、熱気球は上昇を続け、50メートルほどの高さまで舞い上がりました。飛んでいかないようにつなげたタコ糸がっぱいまで延びたほどです。この日は、快晴の好天に恵まれ、透明気球が青空に上がると、子どもたちは、「上がった。高い。高い」と大喜びでした。

UFJさま、AMCさま、ありがとうございます。

20211114-2.jpg
20211114-3.jpg

中日新聞なごや東版に記事が掲載されました。

エアウイーヴさまから、マットレス114枚をご寄贈いただきました。

エアウィーヴさまによると、マットレスの中心部が空洞になった円筒形のエアファイバーを使っており、体の圧力を分散させ、寝心地がよくて深い眠りが得られ、通気性もいとのことです。

令和2年度の中日産業技術賞の中日新聞社賞を受賞されたことをご縁に、中日新聞社社会事業団にご寄付をいただき、青葉学園にもマットレスをいただけるお話となりました。

エアウィーヴさまは、東京五輪・パラリンピックの オフィシャルパートナーを務められました。選手村で利用されたベッドを「環境に優しい再利用」を図っておられ、クリーニングしたマットレスを寄贈いただきました。

マットレスは、あおば館、わかば館の児童のベッド分に加え、家族療法室、医務室、静養室、卒園生が宿泊する部屋、職員の宿直ベッドなどで活用させていただきます。

新しいマットレスを敷いたベッッドで、子どもたちは手で押したりして反発力を実感し、「すごーい」と歓声をあげ、「オリンピック選手もこれで寝たんだよね」と大喜びでした。

エアウイーヴさま、ありがとうございました。

20211112-1.jpg
「跳ね返ってくる」とマットレスの反発力を実感する女の子
左は、寄贈に訪れた内田祐二社長室長

20211112-2.jpg
カバーを開けると、パットと透明なエアファイバーが。

★11月13日付中日新聞県内版に記事が紹介されました


各種バネ製造販売会の・愛幸発條さま(日進市藤島町)が、名古屋銀行さまを通じて発行された私募債の手数料を会貢献の一環として、青葉学園に寄贈いただきました。

10月30日に開催したあおばお楽しみ会に合わせて寄贈式を行いました。式には、神納幸司、久美子社長ご夫妻が出席いただき「子どもたちに、楽しくすごして生活していただければ幸いです」とごあいさつ。子どもたちから礼状をお渡しいたしました。

ご寄付を使わせていただき、園では、自転車6台、ポンプ4個、バスケットボールゴール台1基、カラーテレビ2台と書棚、ゲームソフト、漫画を購入させていただきました。

式ではお礼に、学園の和太鼓同好会の「鼓太舞(こだま)」が、和太鼓の演奏を披露して、感謝の意をお伝えいたしました。

ありがとうございました。

20211029-1.jpg
寄贈いただいた自転車・バスケットゴール/寄贈のお礼に太鼓を披露する子どもたち

20211029-2.jpg20211029-3.jpg
挨拶される神納幸司社長(右端)/神納社長夫妻に礼状を渡す児童代表

青葉お楽しみ会を開催。

10月30日に、青葉お楽しみ会を開催。子どもたちは、テント店での食べ歩きや、ゲームを楽しみました。
コロナの感染対策として、保護者や退園生などの来園は自粛していただき、子どもちが楽しむイベントとして企画しました。

午前中は、グラウンドわきに食べ歩きコーナーとして、フランクフルト、たこ焼き、ナゲット、焼き鳥、五平餅などのテントの店を開店。子どもたちは、調理する職員に声をかけ、手作りの味を味わっていました。

午後からは、多目的ホールで、ワニワニパニック、アーチェリー、射的などのゲームを楽しみました。

春田建設さまから寄贈していただいたお菓子をとるサプライズ企画や、ビンゴもありました。

今年も我慢することが多かった子どもたちは、楽しい一日をすごせたようです。

来年度もコロナの感染状況によりますが、地域の方々もお招きした「青葉祭り」を開くことを計画しています。
愛知韓国青年商工会の皆さんが10月9日に学園を訪れ、焼肉をふるまっていただきました。
同商工会の皆さんの善意は、ことしで8回を数えます。

訪れたのは、姜(かん)元将会長をはじめ、25人。
中には、東京から来ていただいた方もいらっしゃいます。

ハラミ肉などを用意したいただき、コロナ対策で子どもたちが密集しないように、児童玄関前のほか、ホームの庭にバーベキュ―用コンロを設置。炭火で、肉を焼いていただきました。子どもたちは、皿に山盛りとなった肉をほおばり「軟らかくておいしい」と食欲旺盛でした。中には4、5皿のお替わりをした子どももいたほどです。最後には、焼きそばも登場。お肉をいっぱいたべても「別腹」と、平らげていました。

食事の後は、ミステリックSHINYAさんによるマジックショーがあり、学園からお礼に太鼓を披露しました。

20211009-1.jpg20211009-2.jpg

おいしいお肉をたっぷり焼いていただき、密にならないようグループに分けていただきました。

20211009-3.jpg20211009-4.jpg

 ミステリックSHINYAさんによるマジック。箱の中に女性がいるのに...。

20211009-5.jpg20211009-6.jpg

お礼に太鼓演奏を披露。姜会長に、礼状をお渡ししました。

20211009-7.jpg


中日青葉学園のサテライト施設の地鎮祭が3日、日進市岩崎町小林の現地で執り行われました。

地鎮祭には、中日新聞社会事業団の河津市三理事長、垣尾良平常務理事、中日青葉学園の妹尾浩和学園長、寺井陽一副学園長と、創美設計の武田裕規社長、春田建設の春田社長らが参列。名古屋市の針名神社の神主さんの祝詞に続いて、河津理事長らが鎌入れなどをして建設工事の安全を祈願しました。

1400m2の敷地に、住居棟を2棟と管理棟を建設する計画で、令和3年末までには工事が完成予定です。
サテライト施設は、大規模な施設での集団的養育から小規模化をはかり、地域の中で子育てをすることを目指しています。住居棟では、一戸建ての住宅で男子児童と女子児童各6人が生活し、家庭に近い環境で子どもたちを育てる計画です。

地域の皆さまと交流を重ねながら、子育て支援をしたいと考えています。
よろしくお願いいたします。

20210604.jpg

中日青葉学園は、愛知県から、2021(令和3)年度の里親啓発等のフォスタリング事業を受託しました。
本年度の重点地域は、春日井市と豊明市です。
新型ロナウイルス感染拡大防止に向けた緊急事態宣言が解除された場合には、下記2か所で里親体験発表会を開催いたします。
里親豊明ポスター.jpg 里親春日井ポスター.jpg

6月26日(土)午前10時-正午豊明市総合福祉会館
6月27日(日)午前10時-正午春日井市総合福祉センター
関心のある方は、フォスタリングセンター 阿尾までご連絡ください。
TEL:0561(72)0134

『性の問題について考える会』のご案内

『性の問題について考える会』では、東海近隣の児童福祉施設・児童相談所・医療施設等の職員が集まり、児童の性に関わる問題を中心に、子どもたちが、より安心できる生活できる環境をどうすれば提供できるのか、ということについて参加者が一緒に考え知恵を出し合っています。また、この活動を通じて、参加者同士がつながることも目的としています。
 今回は、「愛着からみる子どもの行動」というテーマで、対応に苦慮する子どもの行動が、どのように愛着の問題と関係しているのか、そうした行動をどのように理解し、対処すればよいのかについて、参加者の皆さんと一緒に考える機会を提供します。

【第20回 性の問題について考える会】
日 時:令和3年6月10日(木)13:00-14:40
対象者:主に児童福祉施設職員(45名程度) 
場 所:ZOOM研修(日進市岩崎町竹の山149-164中日青葉学園)
参加料:無料
内 容:愛着からみる子どもの行動 -性の問題の背景にある愛着の問題-

【『性の問題について考える会』の目的および活動】
性の問題について考える会は、東海近隣の児童福祉施設、児童相談所、医療施設等の職員が集まり、児童の性に関わる問題を中心に一緒に考えている会です。
性の問題には、性自体についての課題(性的関心、性的虐待など)だけでなく、愛着関係や対人関係の課題が背景にあることが多くあり、子どもの支援を考えるにあたり、とても大切な問題だと考えています。一方で、性の問題を扱うことに戸惑いを感じる、対応の仕方が分からない、性教育を行っているのだが継続できない等、支援者が困りやすい事柄でもあるかと思います。
当会では、これまで年に3回程度で研修会を開催し、悩みを共有したり、各施設の取り組みを話し合ったり、性の知識を交換しながら、支援者のつながりが広がることを意識してきました。日々、施設の中で試行錯誤されている先生も多いと思いますが、施設の外での取り組みを知る、同じ悩みを持つ他の支援者を知ることで、日々の取り組みに活かせる事もあるかと思います。関心を持って頂いた方は、研修会に参加して頂き、子どもの支援に活用して頂ければ幸いです。

202105171.jpg

3月の養育里親体験発表会の日程について

養育体験発表会は、緊急事態宣言発出中は中止していましたが、3月に解除されれば、下記日程で、開催いたします。 詳しくは下記チラシをご覧ください。 20210224-2.jpgのサムネール画像           

花贈りイベントを開催しました

2月13日に、三菱UFJ銀行の社会貢献活動支援として、フラワーアレンジメントの寄贈をいただきました。フラワー事業者のルサヴォワール様の企画で、花プロデュース事業者のHANAイノベーション様にイベント運営支援をいただき、花贈りイベントを開催させていただきました。

花贈りイベントは、アレンジした花作品にメッセージをつけて、大切な人に贈るという企画です。花は、チューリップ、バラ、カーネーション、マム(西洋菊)、桃、ペリカム(実付き)、ユキヤナギなど十数種類で、スポンジを入れた紙コップに、花を挿してアレンジしました。 

コロナ対策の緊急事態宣言が発出されている中、ZOOMによる映像の指導に基づいて、小、中学生11人が参加しました。フラワーデザイナーのケニーさんが、バラは「愛」、カーネーションは「深い愛」という意味が込められています、と花言葉を紹介しながら、「花の高さは、紙コップの1.5倍の高さ程度をめどにしてください」「茎は、斜めに切ってスポンジに刺してください」と具体的にアドバイス。子どもたちは、お気に入りの花を中心にアレンジをして、作品を完成させました。最後にメッセージカードに、感謝の言葉を書き添え、それぞれ、大切な人に送ります。子どもたちは、「きれいにできた」「かわいい」と喜んでいました 

17日には、青葉分校で実施します。

三菱UFJ銀行をはじめ、ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

20210213-1.jpg20210213-2.jpg20210213-3.jpg20210213-4.jpg

ウェブページ