長久手市で、養育里親体験発表会 を開催

20(R2)1024里親体験談.jpgのサムネール画像
10月24日午前に、長久手市の愛・地球博記念公園・地球市民交流センターで、養育里親体験発表会を開催しました。
中日青葉学園が、県から里親啓発(フォスタリング)事業の委託を受けての初めて企画した体験発表会です。
里親に関心を持っていただいた5家族をはじめ、約20人が参加されました。

冒頭、学園の阿尾昌晃サテライト担当課長が、養育里親の制度について説明。
続いて、2人の養育里親さんが、自らの体験を話されました。

日進市内の里親さんのお話です。

2人の長男次男が、自宅を巣立つのを機に、里親として子どもを育てることを思い立ちました。児相から紹介された小1の男の子は、乳児院から児童養護施設で育ち、家庭生活の経験がなく、非常に戸惑った様子の日々が続きました。しばらく体験生活をしていると、おねしょが始まり、しくしく泣くことが多くなりました。「この家が嫌なのかな」と悩みました。しかし、里親に決まったことを伝えると、以後、おねしょも止まり、笑顔が戻りました。確認すると、「施設に戻されるのではないかと心配していた」とのことでした。

また、小2の男の子の時の話です。友達が数人遊びに来た時、子どもの苗字と違うことに気づき「おじさんは、なぜ金子なの」と私に尋ねたのに続いて、子どもに「お前は、もしかして捨てられた子どもなのか」と言い放ったのです。すると、子どもは落ち着いて、施設で育ったことや里親に育てられていることを、自分の言葉で説明しました。小学2年生なりに、自分の生い立ちを整理していることに関心しました。

その後2人の女の子を預かり、今は4人の里子をそだてています。
家はいつも賑やかで子どもに囲まれた幸せな生です。

夫婦はもともと他人。奥さんにとっては、いうことを聞かない旦那を"育てる"よりも、子どもを育てる方が、ずっと楽しく、夢と希望があります。



次の体験発表会は10月31日(土)午後6時から、日進市蟹甲町中島、日進市中央福祉センターで開催します。
関心のある方は、ぜひ、お越しください。
事前に、予約をお願いいたします。
※中日青葉学園 TEL:0561-72-0134

インテリア商社のサンゲツさまのご厚意で、あおば館の一時保護ユニット「あすなろ」のリビングや、静養室、親子訓練室のリフォームをしていただきました。

20201020-1.jpg
サンゲツの皆さま
20201020-2.jpg
静養室の床を作業中
20201020-3.jpg
かわいいチェックの床に変身
20201020-4.jpgのサムネール画像
青いマスと青い壁がしゃれたリビング

20201017-1.jpg

中日青葉学園は、10月1日から、里親を増やすための事業(フォスタリング事業)に取り組みます。期間は来年3月まで。事業企画のプロポーザルで、県から選ばれました。

これまで、里親の啓発や研修、マッチングは、県が行っていましたが、今回初めて民間に一部が委託されました。
事業対象は、啓発と研修の一部です。

・重点エリアは、日進市と長久手市。
・大型ショッピングモールや両市内の店・公民館などで、里親啓発にあたるほか、
  毎月1回、両市の会場で里親体験発表会を開催します。
・近く、公式ホームページを立ち上げ、SNSで情報共有できるようにします。

20201017-2.jpg
里親啓発で配るティッシュ

20201017-3.jpg

中日青葉学園は、愛知県から里親啓発と研修のフォスタリング事業を受託しました。
啓発事業の第1弾として、里親体験発表会を下記の通り開催いたします。

▽10月24日(土)午前10時から正午まで、
 愛・地球博記念公園(長久手市茨ケ間)の地球市民交流センターの体験学習室2・3にて

▽10月31日(土)午後6時から8時まで、
 日進市中央福祉センター(日進市蟹甲町中島22)にて。

関心のある方は、中日青葉学園に、事前にご連絡ください。
TEL:0561-72-0134 担当 阿尾、稲川

当日は、里親制度についてご説明させていただいた後、実際に養育里親をされている方が、体験を発表いたします。

20201014.jpg

愛知韓国青年商工会さまから焼肉の寄贈

愛知韓国青年商工会(花柗了凰代表)さまから、焼肉約5キロ、ジュースを寄贈していただき、夜の食事で鉄板焼きでいただきました。

予定では、昼に商工会の皆さんに外で焼肉を焼いて、味合わせていただく計画でしたが、台風14号の接近のために中止せざるを得なくなりました。

子どもたちは、おいしいお肉に大喜びでした。

ありがとうございました。
名古屋キワニスクラブさまから、DVDセットやゲームなど10点をいただきました。

いただいたのは...
・ジブリ DVDセット
・ミニオン DVDセット
・ハリーポッター DVDセット
・ポータブルビデオプレーヤー 2セット
・ホームベーカリー
・カタン 2個
・ドンジャラ 2個
・レゴ
・工具おもちゃセット
・スティキー 2個

子どもたちはDVDを見て楽しみ、おもちゃに興じています。
ありがとうございました。

20201006.jpg

9月21日に施設長会主催の「ソフトボール交流会」がありました。

当初は8月に大会を開催予定でしたが、コロナ感染防止対策のために中止となりました。
試合を楽しみしていた子どもたちのために、何とかゲームをさせてあげたいと、施設職員でつくる野球チーム「愛知ドリームス」のメンバーが奔走。コロナ対策をとりながらの試合を企画しました。

参加は、8施設9チームで、午前と午後の部に分けて、各チーム2試合ずつ対戦しました。
順位はつけず、表彰などもなくし、応援も自粛してもらいましたが、子どもたちは気合を入れてバットを振り、懸命にボールを追っていました。

青葉学園は、あおば館とわかば館の合同チームで参加。1勝1敗でした。

交流会の様子は9月22日付けの中日新聞県内版共通のスポーツ愛知面に掲載されました。

20(R2)0922■施設長会ソフト交流大会.pdf

20200922-1.jpg20200922-2.jpg20200922-3.jpg20200922-4.jpg

■9月5日に、夢シート副理事長の松下剛さま(MTG社長)からマスクを、両館に2400枚ずつ寄贈をいただきました。

 また、9月14日に、松下剛さまから、MTG社ブランドパートナーのピコ太郎さんを起用した「ピコウォッシュ!薬用せっけん」を両館に48個ずついただきました。ピコ太郎さんのヒゲをモチーフとした「ピコヒゲシール」がついており、子どもたちも楽しく手洗いできそうです。ありがとうございます。

20200914.jpg

■8月27日に、豊明市の女性からマスク20枚をいただきました。ありがとうございます

■7月29日に、愛の音プロジェクトの島戸修史代表から、マスク100枚をいただきました。これまで、楽器などの寄贈をいただいていました。ありがとうございます。

■7月13日に、トータルデザインセンターさま(岡山市)から、政府支給の布マスク70枚をいただきました。不要となった政府支給の布マスクを集めて全国の児童養護施設に送るプロジェクトに取り組んでいらっしゃいます。ありがとうございます。

■6月26日に、イトウアンドカンパニーリミテッドさま(一宮市)から、3層不織布マスク 3000枚をいただきました。ありがとうございます。

■6月24日に、長久手市の方から布製マスク等190枚をいただきました。ありがとうございます。

■6月20日に、愛知県からマスク6000枚をいただきました。ありがとうございます

■5月29日に、壱番屋さまから、マスクをいただきました。ありがとうございます。

■5月22日に、介護事業のP&Pコーポレーションの後藤明子さま(システム統括チーフ)からマスク200枚をいただきました。 ありがとうございます。

■5月17日に、東郷町の女性から、手作りマスク22枚をいただきました。キャラクターのかわいい柄もあり、子どもたちに人気です。ありがとうございました

20200529-1.jpg

■5月11日に、春田建設さまからマスク50枚を寄贈いただきました。
ありがとうございます。

■5月10日に、地域の方から、マスク100枚をいただきました。
地元の方々から気にかけていただいていることを実感します。
ありがとうございます。

■中日新聞社会事業団にお勤めの高岡里香さんから、5月7日に、手作り布マスク101枚をいただきました。知り合い4人と「中日青葉学園にマスクを送ろうプロジェクト」と銘打って、手作りで挑戦。洗濯の後、アイロンをかけずにすみように(イージーケア)、そして息苦しくないようにと配慮して、布選びをして縫製していただきました。幼児さんむけの小さなかわいいマスクから、小中校生、職員向けとさまざまなサイズで、柄も、猫柄から、ピンク、黄色がらなど色も多彩で、社会事業団のマスコット「ロボラ」があしらわれたものもあります。
ありがたく使わせていただきます。

202005071.jpg

■名古屋市内の匿名の方から、5月7日に不織布の使い捨てマスク1400枚を寄贈していただきました。店頭ではマスクを見かけることが増えましたが、値段は高価で、枚数も限られます。

「職員は必ずマスク着用を」と義務付けていますが、着用も長期戦が見込まれ、在庫とにらめっこをして「どのように使うか」に頭を悩ませます。まとまっての、贈り物をありがとうございます。心強いです。

202005072.jpg

■名古屋市守山区の野田雅子さんが、4月25日に青葉学園を訪れ、「子どもたちのために使ってください」と手作りのマスク50枚を寄贈していただきました。赤の花柄やピンクのハート柄、青のストライプ柄など4種類の綿生地などを使ったしゃれたマスクです。野田さんは、愛知淑徳大学や椙山女学園大学で食文化などを教えている先生で、知り合いのスタイリスト・岩崎ハルミさんと一緒に作られたそうです。野田さんは「昔から、家庭科が好きで、手作りが大好き。子どもたちに使ってもらえればうれしい」と話されていました。

ありがとうございます。

202005073.jpg

■また、豊明市の井澤真弓さんから、布マスクや使い捨てマスクをいただきました。子どもたちの施設で働かれているそうで「子どもたちを支援する職員のかたの苦労が分かります」との気遣いの言葉をいただき「感染予防のために」と善意をいただきました。

井澤さんも、お体にお気をつけください。お互い、子どものために頑張りましょう。

ありがとうございます

202005074.jpg


■5月10日、井澤さまから再び、布製マスクと不織布マスクを送っていただきました。
いつも、学園のことを思って寄贈していただき、ありがとうございます。
9月10日に近藤産興さまから白のポロシャツM、L、XL、27枚をいただきました。
ありがとうございます。
20200910.jpg

日進市立北小学校青葉分校で行われた「よいこかるた」の授業の様子が、9月9日付中日新聞なごや東版に掲載されました。

かるたは、分校の西山淳教務主任が考案したもので、4年生の自立活動の時間に行われました。
読み札は「ふわふわの ことばでこころ あたたまる」
    「おこっても イライラせずに クールダウン」
など子どもたちの心に響くような内容になっています。

20200909.jpg

20(R2)0909■分校よいこかるた記事.pdf

ウェブページ