「青葉交流会」が10月26日(土)にあり、子どもたちは、ゲームや食べ歩きで職員と一緒に楽しいひと時を過ごしました。

 恒例の「青葉まつり」は、今年は、行事見直しのために中止しました。毎年、楽しみにしていただいている保護者や退園生、地域の皆さん、申し訳ありませんでした。

 今年の「青葉交流会」は、学園で暮らす子どもたちが楽しい時間を過ごす行事として開催しました。園舎周辺には、唐揚げ、たこ焼き、フランクフルト、タピオカジュースなどのテントが並び、子どもたちは、「おいしい」「食感がいい」と、ほおばっていました。

 多目的ホールでは、フェイスペイント、バルーンアート、射的などの遊びコーナーが設けられ、顔いっぱいにアニメのキャラクターを描いてもらったり、積み上げたお菓子を落とす「射的」などのゲームに、会場は歓声に包まれました。

 春田建設さんが、本棚の組み立てコーナーを出店していただいたり、日本航空さんが紙飛行機を飛ばして遊ぶコーナーを設けていただくなど企業の協力もいただきました。

 出店の運営は、すべて、近くの大学生や日進市などのボランティアさんが担当してくださいました。おかげで、職員は、担当の子どもたちと一緒に店を回る時間ができ、記念写真をとったりして楽しむことができました。今後は、地域の方々のイベントなどにご協力したい、と考えています。 

 ※ご協力いただいたのは、次の皆さんです。 ご協力ありがとうございました

つつじの会(綿菓子)、椙山女学園大学(タピオカジュース、乗り物、写真)、愛知淑徳大学(くじびき)、名古屋外国語大学(フェイスペイント)、愛知大学アイボ(バルーンアート)くらちゃんハウス・日本福祉大学(たこ焼き)名古屋文化学園保育専門学校(射的)、名東区更生保護女性会(アイスクリーム)、日進市更生保護女性会(五平餅)、日進市社会福祉協議会(諭吉のから揚げ)、ワンズパス(ジュース)、日本航空・名古屋文化キンダーホルト(紙飛行機)、橘グループ(フランクフルト)、春田建設(工作教室)、e-sports(中日新聞社会事業団)

日進中学校体育大会 

大縄跳び.jpg

10月10日に日進中学校の体育大会があり、分校の子どもも本校の子どもと一緒に、競技に参加し、スピードを競い、集団演技では日ごろの練習の成果を披露しました。

 青葉分校の子どもたちは、むかで競争や大縄跳び競争などにチームで参加。日ごろの団結力を発揮しました。学園の子どもたちは、部活動別や女子400mリレーなどにも出場。盛んに拍手を浴びました。

 また、日進中では、同時に踊る人数を競うギネスにも挑戦しました。

 中日新聞なごや東版に掲載されたので、添付します

19-1010■日進中ギネス挑戦.pdf

 

 



ベタニヤ幼稚園母の会からTシャツの寄贈

20191016-1.jpg

20191016-2.jpg

タニヤ幼稚園の母親でつくるアガペの会(加藤志帆会長)から、学園の幼児さん8人にベタニヤの手作りTシャツをいただきました

 Tシャツには、幼稚園にある汽車の絵やお母さん方の似顔絵などのイラストが描かれています。色は青、紫、ピンクなど5色。加藤会長は、「おそろいのTシャツで一緒に遊びましょう」と話していました。

 ありがとうございます。

 

愛知韓国青年商工会の皆さんが焼肉訪問

20191005-1.jpg20191005-2.jpg
20191005-3.jpg
20191005-4.jpg
20191005-5.jpg

愛知韓国青年商工会の皆さんが10月5日訪れ、焼肉をふるまっていただきました。ことしで7回目で、ホジュンス会長ら25人が参加。名古屋市の高級店からロースやカルビなど約30kgを持参していただきました。肉厚で軟らかいお肉をほおばった子どもたちは、「おいしい」と大喜びでした。焼きそばやスープもメニューに加えていただきました。

 食事の後には、マジシャンのTakuyaさんが、手品を披露していただきました。トランプや金属リングを使った手品に子どもたちは大喜び。テーブルが浮いたり、持っていた袋の中の食パンにジャムが塗られたりする"不思議"に、大きな拍手がわきました。

 お礼に、学園の子どもたちが、太鼓の演奏を披露しました。

 ありがとうございました

 


20190914-3.jpg20190914-4.jpg

 児童養護施設など児童福祉施設や児童相談所で一時保護されている子どもたちの社会的自立を支援する 事業主でつくる「ROOKIES(ルーキーズ)」による企業展が、9月14日、中日青葉学園の多目的ホール、グラウンドなどでありました。

 児童養護施設などを退園した子どもたちの多くは、金銭的に頼れる身内がいないなかで、せっかくついた仕事も、 合わずに辞めざるをえなくなると、住む場所も失ってしまうなど、多くの課題を抱えています。

 ルーキーズでは、住まいを提供するほか「子どもが仕事を辞めることも、必要な体験」ととらえ、さまざまな職種の事業主が、子どもにあった仕事を順次紹介してセーフティーネットの役割を果たしてくれています。

 この日、ルーキーズからは飲食、建築、介護、運送など16事業主がブースを構えました。訪れたのは、愛知、岐阜、福井などの児童養護施設や自立援助ホーム19施設の子ども約90人。子どもたちは、5つのグループに分かれ、順番に事業主のブースを訪ねて、仕事の内容について説明を受けていました。

 今回の企業展の代表を務めた岩田装業の岩田祐輔社長は「職業を決める前に、仕事の内容を知ってもらう機会にしてほしい。仕事は楽しいものだと感じてほしい」と話していました。
 
▽9月25日付け中日新聞なごや東版に、記事が掲載されました。
 
 

20190617.jpg

6月17日(月)名東区の民生委員、児童委員のかた12名が来園され、あおば館、わかば館を見学していきました。

中日青葉学園(複合施設)見学会&交流体験

複合施設ってどんなところか、どんな子がいるのか見てみたい!
施設見学、職員の話、施設の食事、子どもとの交流など、体験してみませんか?

20190509.jpg

第17回 性の問題を考える会 開催のご案内

新年度に入り、各職場での新入園児や新入職員の様子はいかがでしょうか。「第17回 性の問題を考える会」、今回は、児童思春期病棟を有する精神科専門病院を会場に、「医療の立場から見た性問題」をテーマに、「思春期の現状と性教育」(看護師)、「医療と児童福祉施設の連携」(医師)の二つの演題を踏まえ、議論と交流を深めていければと思っています。 

本会終了後に懇親会を予定しております。「性の問題について考える会」は、それぞれ違う場で活動しておられる皆さんが、仲間を見つけ、つながりを作っていくことも目的としています。
日々感じていることなどをみんなで語り合いましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。
 

20190507

20190420-1.jpg20190420-2.jpg

 わかば館の開設から16年たちました。平成26年に一度リフォームしましたが、子どもが落ち着いて安心してもらうためには、個室を増やしたい、と考え、あさぎ・もえぎそれぞれ個室(1人部屋)を大幅に増やすリフォームに取り組みました。

 国は、児童養護施設の小規模化の推進を求めており、あおば館は順次進めています。一方、児童心理治療施設に対しては、施設の小規模化を具体的に明示していないため、わかば館を小規模化して定員を減らすことはできません。そこで、定員を維持しながら個室を増やす計画をたてました。

 まず、あさぎ(女子ホーム)のリフォームを平成31年1月から3月で行い、1人部屋を2室から10室に増やしました。結果、1人部屋は10室、2人部屋は4室の14LDK+αとなり、定員を18人としました。

 次にもえぎ(男子ホーム)のリフォームを平成31年3月?4月に行い、1人部屋を2室から9室に増やしました。全体では、1人部屋が9室、2人部屋が4室の13LDK+αで定員17人としました。総数は35人で変わりありません。

 リフォーム中は、あさぎ・もえぎの子どもはそれぞれ宿泊(退所支援)施設「のぞみ」と「心理治療棟」の心理治療室・音楽療法室・家族療法室2に分かれて生活しました。生活の変化に伴い、トラブルの頻発を心配しましたが、思ったよりも環境に適応していました。

 職員は、3人宿直体制を敷き、手厚くケアできる万全な体制で臨んだので、大変だったと思います。

 あさぎは3月2日から、もえぎは4月20日からリフォームしてきれいになったそれぞれのホームで新たな生活をスタートさせています。

 個室が増えたことでトラブルが未然に防げるようになった事は、生活にゆとりを感じられるようになりました。

 それともう1つ大きな変化は、お風呂がそれぞれ2室になった事です。これまで1つのお風呂で15人以上の子どもがあくせく順番に入っていましたが、お風呂が2つになった事で時間の余裕が生まれました。

 将来的には、わかば館の完全個室化と分園型の地域小規模施設の開設に向けて前向きに考えていきたいと思っています。

20190219-1.jpg

メニューを説明する平松一哉料理長(左) テーブルマナーを説明する料飲サービス部の村井俊夫キャンプテン(中) この日いただいたメニュー(右)

20190219-2.jpg
20190219-3.jpg

慣れない(魚用)ナイフとフォークで四苦八苦(左) CoCo壱番屋創業者の宗次徳二さん(右端)とVサイン(右)

  2月11日に、名古屋観光ホテルで、中学校卒業記念テーブルマナー教室があり、招待を受けた愛知県と名古屋市の児童養護施設29施設から職員・生徒約130人が参加しました。

 あおば館からは、男女2人の生徒が参加し、食事のマナーに耳を傾け、平松一哉料理長がつくられたフランス料理をおいしくいただきました。ローストビーフに舌鼓を打ちながらも、黒胡麻豆腐や白身魚が苦手な子もいて、「やばい」と口走りながら味わっていました。

食事を前に、日本ホテルレストランサービス技能協会認定講師の肩書きを持つ村井俊夫料飲サービス部キャプテンから、ナイフやフォーク、ナプキンの使い方などのお話しを聞き、緊張気味にナイフやフォークを手にしていました。まだ、ナイフやフォークを、皿にハの字に置けば、食事の途中の合図で、並べて置くと、食事が済すんだ印で、皿をかたずけてくれるそうで、感心しながらうなづいていました。

 隣りの席には、カレーのCoco壱番屋の創業者の宗次徳二さんがトレードマークの黄色のネクタイをして座られました。宗次さんは、両親の顔を知らず、幼少期に児童養護施設で育ち、宗次家の養子になって成長したそうですが、貧乏生活が続き、競輪場で落ちている車券の中から当たり券を探したこともあったといいます。

 「お小遣いはいくらぐらいもらっているの? カレーは好き?」などと、気さくに声をかけていただき、一緒にVサインの記念写真も撮らせていただきました。

 お土産もいただきました。とてもおいしく、楽しいひと時でした。

 ごちそうさまでした。そして、ありがとうございました。

  

 

ウェブページ