中日青葉学園(複合施設)見学会&交流体験

複合施設ってどんなところか、どんな子がいるのか見てみたい!
施設見学、職員の話、施設の食事、子どもとの交流など、体験してみませんか?

20190509.jpg

第17回 性の問題を考える会 開催のご案内

新年度に入り、各職場での新入園児や新入職員の様子はいかがでしょうか。「第17回 性の問題を考える会」、今回は、児童思春期病棟を有する精神科専門病院を会場に、「医療の立場から見た性問題」をテーマに、「思春期の現状と性教育」(看護師)、「医療と児童福祉施設の連携」(医師)の二つの演題を踏まえ、議論と交流を深めていければと思っています。 

本会終了後に懇親会を予定しております。「性の問題について考える会」は、それぞれ違う場で活動しておられる皆さんが、仲間を見つけ、つながりを作っていくことも目的としています。
日々感じていることなどをみんなで語り合いましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。
 

20190507

20190219-1.jpg

メニューを説明する平松一哉料理長(左) テーブルマナーを説明する料飲サービス部の村井俊夫キャンプテン(中) この日いただいたメニュー(右)

20190219-2.jpg
20190219-3.jpg

慣れない(魚用)ナイフとフォークで四苦八苦(左) CoCo壱番屋創業者の宗次徳二さん(右端)とVサイン(右)

  2月11日に、名古屋観光ホテルで、中学校卒業記念テーブルマナー教室があり、招待を受けた愛知県と名古屋市の児童養護施設29施設から職員・生徒約130人が参加しました。

 あおば館からは、男女2人の生徒が参加し、食事のマナーに耳を傾け、平松一哉料理長がつくられたフランス料理をおいしくいただきました。ローストビーフに舌鼓を打ちながらも、黒胡麻豆腐や白身魚が苦手な子もいて、「やばい」と口走りながら味わっていました。

食事を前に、日本ホテルレストランサービス技能協会認定講師の肩書きを持つ村井俊夫料飲サービス部キャプテンから、ナイフやフォーク、ナプキンの使い方などのお話しを聞き、緊張気味にナイフやフォークを手にしていました。まだ、ナイフやフォークを、皿にハの字に置けば、食事の途中の合図で、並べて置くと、食事が済すんだ印で、皿をかたずけてくれるそうで、感心しながらうなづいていました。

 隣りの席には、カレーのCoco壱番屋の創業者の宗次徳二さんがトレードマークの黄色のネクタイをして座られました。宗次さんは、両親の顔を知らず、幼少期に児童養護施設で育ち、宗次家の養子になって成長したそうですが、貧乏生活が続き、競輪場で落ちている車券の中から当たり券を探したこともあったといいます。

 「お小遣いはいくらぐらいもらっているの? カレーは好き?」などと、気さくに声をかけていただき、一緒にVサインの記念写真も撮らせていただきました。

 お土産もいただきました。とてもおいしく、楽しいひと時でした。

 ごちそうさまでした。そして、ありがとうございました。

  

 

2月3日 親善マラソン大会 参加

2月3日に、新城総合公園陸上競技場で、親善マラソン大会がありました。
小学生低学年女子・男子(各1km)、小学生高学年女子・男子(各1.55km)、中学生女子・男子(各1.5km)に、あおば館の児童24人、わかば館の児童15人と職員5人が出場しました。

事前の予報では雨が心配されましたが、肌寒さを感じながらも陽がさす"マラソン日和"で、子どもたちは、顔をゆがめて苦しそうな表情を見せながらも、周りの声援を受けて、必死に走り抜け、全員が完走しました。

小学生低学年女子では、3位にK.Yちゃん(小3)
            4位にT.Mちゃん(小3)
小学生高学年女子では  6位にM.Yちゃん(小6)
が、入賞しました。

また、職員の部では、山内早苗さんが4位、辻本千絵美さんが5位に入賞しました。

みんな頑張りました。お疲れ様でした。

20190203-1.jpg
20190203-2.jpg
職員の竜さんの伴走で、見事入賞を果たした2人の子どもたち (写真左)
職員の部で4位入賞した山内さん (写真右)

節分 すし正さんから恵方巻き寄贈

 2月3日の節分にあたり、日進市の寿司店「すし正」さん(杉尾正幸店主)から恵方巻きと刺し身を、児童分、寄贈いただきました。

 子どもたちは、今年の恵方である東北東に向けて太巻きを口にしていました。

 ありがとうございます。

すし正寄贈.JPG

 131日、児童心理治療施設の川崎こども心理ケアセンター「かなで」から高田治施設長をお招きし、学園で講演をしていただきました。学園職員だけでなく、三重、岐阜、名古屋の心理治療施設からも職員が参加しました

子どもの発達の視点から、生きづらさを抱えた子どもをどのように捉えたらよいか、どのような支援が必要とされるのか...がテーマでした。

高田施設長ご自身が、心理士として児童心理治療施設に勤務される中で、生活場面で心理士がどのように活躍できるのかを、高田施設長の心理士観や「かなで」の実践も交えながらお話ししていただきました。

ケアワーカーが生活の支援を通して、大人が手をかけたくなるような子どもの持つ魅力を引き出していけるように努めたいと思います。


20190131-2.jpg20190131-1.jpg

第9回 つつじの会 4月29日に開催

20190129.jpg

音楽の集い東尾張大会

 「音楽の集い東尾張大会」が11月25日に、豊明市文化会館で行われました。県児童福祉施設長会の設立40周年の記念大会で、中日青葉学園が事務局を務めました。

 特別ゲストとしてガンダムの主題歌で知られる歌手でタレントの森口博子さんにが出演。テレビの主題歌だった「夢がMORI MORI」(1992年)▽映画のガンダムの主題歌「ETERNAL WIND?ほほえみは光る風の中?2015Ver」▽新曲の「鳥籠の少年」の3曲を披露していただきました。ガンダムのテーマ曲は360曲ほど歌われていますが、その中でファン投票で人気1位と3位を占めるのが、森口さんが歌った初代の曲「水の星へ愛をこめて」と「ETERNAL WIND」だそうです。

 大人にはおなじみの森口さんですが、子どもにはTV番組「初めてのお使い」で親しまれていました。 「夢がMORI MORI」では、会場の子どもたちと「モリ モリ」を掛け合い、大いに盛り上がりました。

 17歳でデビューして33年になるそうですが、当時はアニメソングはなじみの薄い存在で、レコード店では、「森口」の名前のレコード棚はなく、その他いろいろの人のコーナーに入っており、レコードを一番前に代えたりしたこともあるそうです。歌手としては、事務所から事実上の「クビ」を宣告されましたが、「自分に才能がないわけじゃない。ちゃんと私を見てほしい」とアピールし続け、自分の思っていることを訴えた結果、バラエティー番組などにも出るようになった経験を披露。「自分でなりたい、やりたい」と思うだけでなく、「自分でなるんだ、やるんだ」と言い続けて、行動すると、それが実現します。「みんなも、自分でやるぞ」と固い意志を持って取り組んでください...と呼びかけました。子どもたちの大きな力になったことと思います。

20181125-1.jpg20181125-2.jpg20181125-3.jpg20181125-4.jpg

 和太鼓は、「鼓太舞」の名前で活動。「結」と「清流のぼり打ち」の2曲を披露しました。「結」は、これまでも数多く披露してきましたが、「清流?」は今年度から取り組んでいる曲で、打ち手が移動して、長良川をのぼるアユをイメージした躍動感ある曲となりました。

 器楽演奏は、あおば館がMrs.GREEN APPLEの「WanteD!WanteD!」、わかば館がMONGOL800の「小さな恋」を披露しました。

20181125-5.jpg清流.JPG20181125-6.jpg20181125-8.jpg


・6月16日に、日進市北小学校で行われる青葉スポーツ大会&清掃活動に

 ボランティアとして参加しませんか?

・ソフトボールやサッカー、卓球を子どもたちと一緒に楽しみ、交流を深めてください。

・要綱は下記の通りです。

・ご希望の方は、あおば館 阿尾までご連絡ください

青葉学園あおば館 0561(72)0134

         mail  koge-ao@aobagakuen.or.jp

 

▽要綱を見てください

18-0616■ボランティア活動日.pdf   

4月29日にツツジの会開催

卒園生、退職職員、元分校職員、ボランティアさんをお招きして交流を深める「つつじの会」を開催4月29日(日)に開催します。

多数の皆様のお越しをお待ちしております。

                   

【日時】平成29429()祝日 

【受け付け】 10:30から

【開始時間】 11:00

【終了時間】 14:30

【会費】19歳以上 大人500円 

    卒園3年未満・18歳以下と学生は無料

【問い合わせ先】

    あおば館:0561(72)0134

    わかば館:0561(74)7752

    Email: tsutsuji-kai@aobagakuen.or.jp

 

当日はできるだけ公共交通機関をご利用下さい。

 送迎あり(地下鉄本郷駅丸茂病院前 1000