中日青葉学園の紹介

ひろげよう人の輪
深めよう心の輪
光り輝く、未来に生きる青葉っ子

近年、児童への虐待が社会問題になっています。被虐待児の心のケアが急がれており、社会的養護の役割の重要性が高まってきています。また、一方で引きこもりや不登校など、学校に通いたくても通えない児童も急増しています。
中日青葉学園では、こうした社会の狭間で苦しむ子どもたちの明るい未来を願い、昭和35年4月1日に虚弱児施設として誕生しました。そして、平成10年4月1日、児童養護施設に種別変更、平成15年10月1日、児童心理治療施設との複合型施設として生まれ変わりました。
また、同じ敷地内に日進市立北小学校、日進中学校の分校「青葉分校」を設け、生活と教育を一体的に行っています。
さらに、複合型施設の開設10年目の平成25年10月に、あおば館では幼児8人、就学児童8人を対象とした2ヶ所の小規模グループケアを開設、平成28年10月に小規模ケアをもう1カ所増やしました。

教育目標 すなおな心 児童支援 児童を保護、養育の対象としてとらえるのではなく、その人格と主体性を尊重しつつ、調和のとれた成長発達を援助します。児童が将来、健全な社会人として自立できるための基礎を日々の関わりによって育みます。
生活目標 心と体を強くしましょう 決まりをしっかり守りましょう みんな仲良くしましょう 治療目標 専門的な心理治療を受けながら、生活担当者の適切な援助の中で、心の癒しを図り情緒の安定を促します。

施設概要

中央が管理棟、左側にわかば館、右側にあおば館。

【北小、日進中青葉分校】
左側が中学部、右側が小学部。
【施設配置図】
クリックで図を拡大します


【施設概要】
敷地面積 15,000m² 退所支援施設のぞみ 120m²
あおば館・わかば館 3,700m² 青葉分校 1,500m²



子どもたちを支える職員

■「中日青葉学園」
・学園長 1人
・運営管理部 事務長、事務員、栄養士、調理師
・指導療育部長 (あおば、わかば両館を統括) 1人

●「あおば館」 児童養護施設 児童定員60人
・館長 (学園長兼務) 1人
・指導療育部 指導課長、児童指導員、保育士、心理士、嘱託医

●「わかば館」 児童心理治療施設(情緒障害児短期治療施設) 児童定員35人
・館長 (副学園長) 1人
・指導療育部 指導課長、児童移指導員、保育士、心理士
・医療部 嘱託医、精神科医(非常勤)、看護師


【子どもの状況 (一時保護は除く)】 ※2017年4月1日現在
幼児 小学生 中学生 高校生




2歳 3歳 年少 年中 年長
0 0 1 1 2
0 0 1 0 1
0 0 2 1 3
1年 2年 3年 4年 5年 6年
0 0 1 0 2 2
4 3 1 1 3 1
4 3 2 1 5 3
1年 2年 3年
4 3 2
0 1 3
4 4 5
1年 2年 3年
3 2 1 0
1 2 2 0
4 4 3 0
24
24
館計 48




0 0 0 2 2 4
0 0 1 1 0 1
0 0 1 3 2 5
1 4 2
3 1 2
4 5 4
0 1 0 0
1 1 0 1
1 2 0 1
16
12

館計 28
両館計 両館計6 両館計29 両館計26 両館計15 76

日進北小学校 日進中学校
うち青葉分校 12 10
13 6


【職員構成】 ※2017年4月1日現在
職名 あおば館 わかば館
施設長
事務員
児童指導員
保育士
基幹的職員
家庭支援専門員
里親支援専門員
個別対応職員
心理療法担当職員
小規模グループ職員
地域小規模職員
特別指導員
指導員特別
栄養士
調理員等
看護師
医師
その他
1
1
7 (2)
7 (2)
0
1
0
1
1
3
0
1
0
1
3
0
0
0
1
1
7
5
1
1
0
1
5
0
0
0
0
0
4
1
(3)
0
27 (4) 27 (3)
( )内は非常勤
【児童相談所別の子ども数】 ※2017年4月1日現在
あおば館 愛知県中央
一宮
春日井
海部
知多
西三河
刈谷
豊田加茂
名古屋中央
わかば館 愛知県中央
一宮
春日井
海部
知多
東三河
刈谷
豊田加茂
名古屋中央



学園の歩み

1957(昭和32)年 4月 中日新聞社会事業団創立20周年を記念して青葉学園の設立を決定
1960(昭和35)年 3月 秩父宮妃殿下をお迎えして本館、旧第一居室棟の完成式を開催
4月 虚弱児施設として定員30人で開園
日進町立北小学校、日進中学校の青葉分校開設
1961(昭和36)年 12月 第二居室棟完成(日本自転車振興会補助)
1962(昭和37)年 1月 児童定員を70人に増員
1964(昭和39)年 4月 ※全入園児童に占める不登校の比率が70%を超える
1994(平成6)年 3月 退所児童支援施設「青葉ホームのぞみ」完成
1998(平成10)年 児童福祉法改正に伴い児童養護施設に種別変更
2003(平成15)年 9月 ※入園児童数1,090人(不登校児は700人)
10月 児童心理治療施設「わかば館」を新設(定員35人)し、複合型の児童福祉施設に。
「あおば館」を大舎制から中舎制に転換。(定員70人)
2006(平成18)年 3月 青葉分校新教育棟が完成(日本自転車進行会補助)
2010(平成22)年 4月 学園創立50周年。卒園生は1,155人
10月 特別支援教育を50年続けてきた青葉分校が、中日教育賞を受賞
2011(平成23)年 11月 日進市と協定を結び「福祉避難所指定施設」に
2012(平成24)年 4月 中日新聞社会事業団が創設した「卒園児童大学進学支度金」の第1号を贈る
廊下に転倒時の衝撃緩和素材を張ったり、外灯増設など。
(安心子ども基金、CBCチャリティ募金)
8月 全国の「全情短職員研修会」を名古屋市で開催。わかば館が事務局を務める
2013(平成25)年 4月 ファミリーホーム「くらちゃんハウス」が東海市に開設、学園と連携
5月 近藤日出夫副学園長兼わかば館長が、春の叙勲で瑞宝単光章を受章
10月 あおば館の女子ホーム「しらかば」を2分割
小規模グループホーム「さくら」「しらかば」を開設
2016(平成28)年 10月 あおば館「ひのき」ホームを小規模化
大規模修繕(職員室一体化、外壁清掃、各ホーム修繕)
Copyright © Chunichi Aoba Gakuen. All Rights Reserved.